【レンタルスペースで副業】使っていないスペースを貸し出してお金を稼ぐ

レンタルスペースとは、使っていない駐車場、敷地、部屋などの貸し出しを行うビジネスです。

所有地をお持ちの方には副業としてとても有力な方法ですね。

そして家にいながらでも勝手にお金は入ってきます。家賃収入と同じようなものですね。

そして最近ではただ貸すだけではないようです。ぜひ最後までご覧ください。

どんなスペースをレンタルに出せる?

 

レンタルスペースとして貸し出しをするスペースの主なものとして、以下のものがあります。

レンタルスペースの種類
  1. 駐車場
  2. 倉庫・物置
  3. テナント
  4. マンションの一室
  5. 一軒家

駐車場

車が数台止められるぐらいの敷地を所有されている方は駐車場として貸し出すことができます。

1台1月5,000円だとして、5台止められるスペースがあれば月に25,000円の収入です。

駐車場激戦区なら月10,000円の契約で50,000円も収入が入ります。

広い敷地を持っていなくても、もしご自宅の駐車場スペースを全く使用していなければぜひ貸し出すことをおすすめします。

未使用の敷地を有効に使いましょう。

倉庫・物置

倉庫や物置として利用できるスペースをお持ちの方におすすめです。

アパートの一室など、そういった部屋を倉庫や物置としてレンタルしている人は多いようです。

仕事で使用するスペース

起業・開業をしたいと思っている人のためにスペースを貸し出すこともできます。

お店としてなら立地や見た目、周辺情報などが重要になりますが、事務所としての利用だけなら小さな一室でも可能です。

少人数の事務所としても利用できますね。

会議室のレンタルとして利用してもらうのもおすすめです。

 

最新のレンタルスペース情報

スペースを持っていなくても、自分が実際に使用している部屋を貸し出すこともできます。

詳しく言うと、自分の部屋そのままを映画やドラマの撮影に使用してもらえるというものです。

撮影中は出ていかなければなりませんが、自分の部屋が撮影に使われるなんてなかなか経験できないことなので、一生の思い出にもなりますね。

 

ただ、ある程度掃除はしておきましょう。

全国に自分の部屋が公開されるというワクワクドキドキ感を味わえます。

数時間で数万円という高単価な報酬も魅力的ですね。

募集内容と自分の部屋がベストマッチすればすぐに使ってもらえるかもしれません。

 

レンタルスペースに必要なもの

まずは提供できるスペースがあることが大前提です。

色々な土地や家、駐車場をお持ちの方はもうすでにしているかもしれませんが、レンタルスペースとして人に貸すという手段を選ぶと、大きな収益を得られます。

使わないスペースを無駄に放置するよりも、そのスペースを求めている人に貸してお金を得ることが賢い選択です。

管理をするための責任能力も必要になりますが、スペースの広さにもよりますので、管理や維持は大変な場合は業者さんにお願いすることもできます。

やはり借りる側は見た目や衛生面を重要視しますので、最低限ゴミや汚れなどには気を付けましょう。

 

▼Kindleを使って在宅ワーク?自宅で手軽にできる電子書籍出版。

Kindleで電子書籍を出版|副業として始められる在宅ワーク

まとめ

無駄になっている空いたスペースを有効に使うことで副収入、つまり家賃収入になります。

自分の所有地がない方でも、自分が使っている部屋を何かの形で使ってくれるサービスもあります。

眠っている土地がある、バイクを置ける程度の駐車スペースならある、自分の部屋を撮影に使ってもらいたい、そんな方におすすめな『レンタルスペース』。

ぜひ利用してみませんか?!