ライターは在宅ワーク初心者におすすめ!仕事の選び方から高報酬を得るためのコツ

ライターは在宅ワーク初心者におすすめ!

ライターってどんな仕事?

未資格・無経験でも始められる案件の多い「ウェブライター」のお仕事は、クラウドソーシングやライティング専門サイトでたくさんの求人があり、主婦や会社員の副業として人気のお仕事となっています。

一昔前は、ライターと言えば、雑誌や書籍、新聞など、紙媒体の出版などに携わる人が主流でしたが、現在ではインターネットメディアを中心とした記事が必要とされており、爆発的な勢いでライティングができる人たちの需要が増加傾向にあります。

紙媒体のメディアが、一部の知識階級の人たちに限定された業界であるのに対し、ウェブライター業界は素人でも参入しやすいハードルの低い世界となっています。

そのため、現代社会には、フリーランスでライターを目指す方も多く、ライターだけで生計を立てたいと考える方も多いようです。

今回は、在宅ワークで人気のライターのお仕事では、どんな仕事を受注できるのか?そして、ライターの仕事で成功するためには、どんな努力が必要か?また、ライター収入だけで食べていくことはできるのかについてまとめます。

ライターの仕事内容にはどんなものがある?

一口にライターと言っても、そのジャンルは幅広くいくつかの異なる媒体で、様々なライターが活躍しています。

ライターが必要とされる業界には、どんな仕事があるのか?以下にざっと紹介するので参考にしてください。

ライターの種類 仕事内容
医療ライター 医療や病気、けがや予防に関する記事を書く
ゲームライター ゲームの攻略方法、ゲームイベントなどの記事を執筆
音楽ライター ライブのレポートやアーティストの記事を書いて紹介
映画ライター 新作映画や名作、アニメ映画作品の内容を記事にして紹介
旅ライター(トラベルライター) 海外・国内の観光地や名所を旅行する人たちに向けて文章情報を届ける
金融ライター 金融・保険・通貨・銀行などの記事を書く
美容(コスメ)ライター 化粧品・ダイエットなど美容に関する記事を書く
パチスロライター パチンコの記事を書く
英語ライター 英語媒体で様々なジャンルの文章を書く
スポーツライター スポーツ観戦、試合などの実況や取材記事を執筆する
サッカーライター スポーツの中でも特にサッカーの試合や選手監督へのインタビュー記事を執筆
雑誌ライター 雑誌・情報誌(科学誌・ファッション誌など)に特化して記事を書く
アカデミックライター 専門的な研究などの論文を専門として書く
求人ライター 求人メディアで、企業に代わって求人情報を書く
取材ライター インタビューや取材をメインで執筆

インターネットの普及により、今後紙媒体のメディアは、ますます衰退していく傾向にあり、代わりにウェブ媒体でのメディアがどんどん拡大していく傾向にあります。

紙媒体で働く多くのライターが、雑誌社や出版社などに所属して給与をもらっているのに対し、ウェブ媒体のライターは、その大多数がフリーランスという状況です。

報酬の差も歴然で、ライター業界でもっとも報酬が高いのは、小説家などに代わって取材・執筆を行う「ゴーストライター」で作品が当たれば、印税も含めて1本数百万円という原稿料が支払われることもあります。

 

しかしながら、今後、紙媒体のメディアが斜陽産業となっていく流れを受けて、紙媒体のメディアで活躍できる人材の多くが、ウェブ媒体にシフトしていく動きは、ますます加速すると考えてよいでしょう。

一方、ウェブライターの報酬についてですが、中には1文字0.1円というありえないほど安い金額で執筆しなければならないような仕事案件もあり、ウェブライターは「買い叩かれる」というイメージも..。

そのため、ウェブライターで報酬を上げていくためには文字単価を徐々に上げていく必要があります。

ライターになりたい人は何をしたらいい?

一口にライターと言っても目指す業界によって必要とされるスキルや経験が異なります。

新聞記者や雑誌記者などの多くは、学生時代からライター養成講座などを受講し、難関と言われる入社試験を突破した生粋のライターという方もいれば、入社後にデスクや編集者の指導を受けながら、少しずつライターとしての経験を積むという方もいます。

では、なんの資格もない普通の主婦やサラリーマンで、ライターになりたい場合はどうしたら良いのでしょうか?

ウェブライターとして活躍するために必要な資質としては、やはり「書く」ことが好きということが最も重要です。
ウェブライターのお仕事の中には、経験不問の案件も多くあり、ライターとして執筆した経験のない方でも採用してもらえるからです。

MEMO
こういった駆け出しライターのお仕事に対して一概に言えることは、やはり報酬が低いということです。
それでも、ライターとしての実績がない方は、こういったお仕事を受注することで、ライターとしての実績を積んでいくことがまず最初に必要なことです。

未経験ライターはどんな仕事から始めると良い?

未経験の主婦やサラリーマンが副業ライターとして仕事を始めるためには、いくつかのポイントがあります。

ポイント①
初心者ライターが仕事を選ぶ時のライターマニュアルの有無
ウェブサイトを運営する多くの会社は、SEO(Search Engine Optimisation)と言って、ウェブ上で検索数が多くなるような用語を意識的に盛り込んだ記事を作成することを求めています。

SEO対策をきちんと理解して記事を執筆することが、ウェブライターにとっても最も重要なポイントとなります。

経験不問で採用してくれるクライアントのほとんどは、このSEO対策を専門に行うチームを持っており、ライターは、与えられたキーワードやタイトルに沿って執筆していきます。

また、クライアントによっては記事をどのように執筆すべきか、具体的な構成案を提示したり、マニュアルを用意して執筆方法のルールなどを細かく設定している会社もあります。

キュレーションサイト(まとめサイト)などを運営する大きなクライアントなどは、ライター研修を実施しているケースも多いため、無資格・未経験のライターでも、こういった場で記事を執筆していくために必要な最低限のスキルを身につけて行くこともできるからです。

 

ポイント②
文字単価が低くても、記名記事(ハンドルネームやニックネームを含めて)で執筆できる仕事案件を選ぶ

初心者ライターが一番欲しいのは、「ライターとしての活動実績」です。

特に、クラウドソーシングサイトなどを経由して、お仕事を受注する場合には、これまでどんな仕事を受注してきたかという実績をクライアントに見てもらうことが一番重要になります。

しかし、ライターとして経験値が上がってくれば、当然直接契約するということも可能です。
そうなったときに、インターネット上でクライアントに見ていただける「記名記事」があると、クラウドソーシングサイトを利用していない企業でも、あなたの実績を見ていただくことが可能になるからです。

文字単価が高い案件は、非常に魅力的ですが、無記名記事も多く、たくさん書いてもライター個人の実績としてアピールできるポイントにはなりません。
短期的には収入アップを見込めますが、長期的に見るとメリットが多いとは言えないのです。

ライター業界の報酬の相場はどれぐらい?

紙媒体のライターは、企業に所属していることも多く、その報酬は、ピンからキリまでです。
一般的に紙媒体でフリーランスとして活動している方は、年収200万円から300万円の層が多いようで、なかなかライターだけで食べていくのは難しい業界と言えそうです。

それでは、ウェブライター業界の報酬の相場はどれぐらいでしょうか?
先に少し触れましたが、安い案件になると1文字あたりの文字単価は0.1円ほどになります。

この報酬だと1時間に1000字書いても時給は100円となり、恐ろしく時給が低いということになります。

クラウドソーシングなどでよく見かけるライター募集案件の平均的な文字単価は約1.5~3円が相場です。
同じように考えると1時間に1000文字書いた場合の時給は1500円となります。

ライター業務に慣れてくると、1時間に3000字以上書ける人もいますので、そうなればパート・アルバイトの賃金よりは高いという計算になります。

ライター業務の中でも、金融、不動産などの専門知識がある方なら、文字単価が2円から3円といった報酬が高い案件もあります。
他にも、公認会計士や税理士資格を持っている人限定で、文字単価が4円から5円となっている案件など、資格や経験に応じて文字単価の高い案件を請け負うことも可能です。

まずはクラウドソーシングサイトのライター案件をよく見て、自分に取り組めそうな仕事は、どのような価格帯なのかを大まかに把握してからお仕事を選ぶと良いでしょう。

クラウドライターから独立してブログやサイト運営

ライター業務を行っている方の中には、常に書き続けることでしか報酬を得られないクラウドライターから独立して、ブログやキュレーションサイトなどを個人で運営している方もいます。

クラウドライターとしてライター業務を行っていくと、キュレーションサイトやブログ運営のコツのようなものが分かってきます。

どんなキーワードがSEO対策に必要なのか?あるいは、どんなコンテンツなら読者に読まれるのか?ウェブライター業務を続けていくことで、そういった知識を大まかに身につけることも可能です。

クラウドライターの中には、こういった知識を生かして、自分でブログやサイト運営を手がけ、サイトにアフィリエイト広告を貼って広告収入を得ている方も増えています。

アフィリエイトは、企業の広告バナーや広告リンクなどを、自分のサイトに張り付けて、クリック報酬や、成果報酬などで収入をあげるシステムですが、長期的に読者の関心を惹きつけられる記事を執筆できる必要があるため、そういった意味では、ライター経験者に非常に向いています。

クラウドライターだと、とにかく数をこなさなければならないというプレッシャーがありますので、アフィリエイトで広告収入を得られれば、そこまで記事を書きつづけられないような年齢になった場合や、クライアントからの受注案件が減った時にも安定して収入を得ることができます。

⇓ブログ初心者でも稼ぐ力が身につくオンラインサロン「GBC」⇓
ガオさんのオンラインサロン「GBC」に入会して稼ぐ力を身につける!

ライターだけで食べていくことは可能!

クラウドソーシングを介して主婦やサラリーマンでも簡単に行えるライター業についてご紹介致しました。
クラウドソーシングサイトを経由して受注できるライター案件は、初心者歓迎というものも多く、誰でも取り組めるというのが魅力です。

しかしながら、実際にライターとして仕事を続けていくためには、コツコツと記事を執筆できる能力や忍耐力も必要となるため、思ったよりも稼げないという方がいるというのが実情です。

どんな在宅ワークにも言えることですが、仕事を続けていくためのモチベーションをいかにコントロールするかが、ライターで生計を立てていくためにもっとも重要なことです。

ウェブライターは、パソコンとインターネット環境さえあれば、世界中どこでも仕事ができる非常に魅力的なお仕事ですので、時間や場所にとらわれず、自由な生き方をしたい方や、会社での人間関係が苦手と言う方、あるいは、子育てや介護中で家から離れられないという方にもぴったりです。

毎日会社に通勤することに疲れた人や、会社の人間関係でうんざりしている人、あるいは、日々の生活に張り合いを感じられないという主婦の方には、まずは、副業からライターのお仕事を始めてみることをおすすめします。