在宅ワークの王道であるwebデザインについて仕事内容から収入まで解説

在宅ワークの王道であるwebデザインについて仕事内容から収入まで解説

Webデザインとはどんな仕事?

普段何気なく閲覧しているインターネット上のホームページなどのwebサイトは専門スキルを持ったwebデザイナーという方が担当してデザインを設計しています。

クライアントは主に企業や団体、個人など多岐にわたりますが基本的にはホームページを作りたいと思っている人たちからの依頼によって仕事をしています。

もちろん自分のデザインセンスも大切ですがクライアントの希望や意向などのイメージも踏まえつつデザインを作っていくことが大切です。

webサイトといえばHTMLとCSSなどの知識が必要ですがwebデザインの仕事ももちろんこれらの知識は必須といえます。
むしろwebデザインはホームページを全て作れるくらいのスキルがあれば信頼度が高まるでしょう。

自身のスキルや理解力が収益に直結する仕事

コーティングの例

webデザインは実は名乗るのが簡単でホームページ上のイラストやロゴなどを画像加工ソフトを使って作成するのもwebデザインとして名乗れてしまいますし、仕事としても成立しているのでwebデザインという定義が非常に幅が広いものとなっているところです。

しかし、そういった簡易的な作業内容は得られる報酬は低くなりがちです。

ある程度webサイトデザインが出来上がったら今度はバラバラに散らばったwebページをつなげるコーディングを行います。
この作業はwebデザインの仕事でやる場合とやらない場合がありますが上級のwebデザイナーはここまでやってのけてしまいます。

最終的に一通りwebサイトが出来上がったら「校正作業」と「動作確認作業」を行い、問題なければインターネット上で「公開」となります。

当サイトもwebデザインで制作しており、ワードプレスという媒体を用いて運営を行っております。

Webデザインの気になる年収

Webデザインの平均年収は400万円前後と言われています。
そこで気になるのがフリーランスと正社員の収入格差ですが、一般的にはフリーランスのほうが上だと言われています。

その理由はフリーになることで作業を一人で担う代わりに報酬が全て自身の懐に入ってくるからですね。

Webデザインの案件報酬はピンからキリで、基本的には構造やデザインによってクライアントと相談して決めることがほとんどだと思います。
安い案件では数千円のものから、高いものでは数百万円の案件まで存在します。

そのため、デザイン力が高く・問題の処理能力が優れたWebデザイナーは企業に属さずにフリーで活動している方が多い印象です。

Webデザイナーが在宅ワークに向いている理由!

先程お仕事内容についてはお話ししましたが、ではなぜWebデザイナーが在宅に適しているのかはご存じでしょうか?まず、在宅ワークをするのに向いている条件として…

  • コツコツ作業が得意
  • 自宅で作業するのが苦ではない
  • 資料やマニュアルから全体像をイメージ出来る・クライアントの意向を理解出来る
  • 自己管理が得意
  • ネット環境が整っている
  • 実務経験がある

このようなことが出来るタイプの人間・傾向の仕事が在宅ワークに向いていると言えます。
この条件を見るとまさにWebデザイナーとしての仕事内容は条件に見合っているのです。

自宅で企業に属しているWebデザイナーであれば、契約やミーティングは社内で勤務している人達とやり取りをしながら業務をこなしていきますが、もしこれがフリーランスのWebデザイナーであれば、企画提供から納品まですべてを自分で一括管理しなくてはいけません。

この点がwebデザインは在宅ワーク初心者向けではないというのが正直な感想です。

一方でWebデザイナーという職業自体は在宅ワーカーとしては適していますが、自分の実力や性格が在宅に向いているかを吟味する必要はあると思います。