【初心者必見】在宅副業の仕事を見つけるための方法を紹介

在宅ワークでの副業は多くの人にとっての夢ですが、どのように仕事を探せばいいのかわからないという人も多いでしょう。

今回は、クラウドソーシングサイトや求人サイトの見方など、在宅ワークの仕事の探し方についてご紹介します。

また、クラウドソーシングを使った仕事の探し方の手順も詳しく解説しますので、興味のある方はぜひご一読ください。

 

さまざまな在宅ワークの可能性を探る

在宅の副業を探す前に、在宅ワークの可能性を探り、理解することが大切です。

在宅ワークの選択肢はフリーランスになるしかないと思っている人も多いようですが、そんなことはありません。

在宅ワークにはさまざまな機会があり、特定の人に向いているものとそうでないものがありますが、それらすべてを理解することが重要です。

 

在宅ワークの代表的なものには、ライター、プログラミング、オンライン講師、SNSマーケティングなどがあります。

それぞれの職種について調べ、自分のスキルや興味に合ったものを見極めるとよいでしょう。

 

人気のクラウドソーシングプラットフォームをリサーチする

どのような在宅ワークの仕事をしたいのかが決まったら、次は人気のクラウドソーシングプラットフォームを調べてみましょう。

クラウドソーシングは、デジタル時代の新たなトレンドとして、ますます人気が高まっています。

クラウドソーシングのプラットフォームは、企業が短期間のプロジェクトを、通常は厳しいスケジュールで、幅広い潜在的な応募者に宣伝することを可能にします。

 

クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなどのサイトは在宅ワークの仕事を探すのに人気がありますが、自分に合っているかどうかを確認するために、それぞれのサイトをリサーチする必要があります。

利用可能なプロジェクトの種類、各プロジェクトに関連する料金、各プラットフォームが提供する支払い方法などを検討しましょう。

 

クラウドソーシングサイトの特徴

クラウドソーシングは、企業と特定のサービスを提供できるフリーランサーをつなぐオンラインプラットフォームの一種です。

企業にとっては、必要なスキルやリソースに迅速かつコスト効率よくアクセスできるため、有用なツールとなっています。

ここでは代表的な3つのプラットフォーム、クラウドワークス・ランサーズ・ココナラについてご紹介します。

クラウドワークスの特徴

クラウドワークスは、ユーザー数500万人以上、登録企業数80万社を誇る日本最大級の副業プラットフォームです。

2012年に設立され、様々なサービスや機能を提供しています。

企業はクラウドワークスを利用することで、Webデザインや開発、デジタルマーケティング、ライティングなど、幅広いスキルを持った人材を探すことができます。

 

また、高速で安全、かつ手頃な価格の決済システムを利用することもできます。

フリーランサーのデータベースは膨大であり、フリーランサーは企業からの評判も高い。 

2020年、クラウドワークス内で交わされた契約金額は152億円であり、フリーランサーと企業の双方から支持されていることがわかります。



Lancersの特徴

ランサーズは、2008年4月にサービスを開始した、クラウドワークスに次ぐ業界第2位のクラウドソーシングサイトです。

企業は、幅広いフリーランサーからスキルやセミスキルサービスを簡単に調達することができます。

特に、保険や融資、コミュニティフォーラムなど、フリーランサーへの総合的なサポートサービスが充実していることから、企業から高い支持を得ています。

フリーランサーのデータベースは、130万人以上の登録フリーランサーと50万件以上のプロジェクト投稿があり、大規模なものです。

また、フリーランサーの満足度が高く、リピーター率も高いことで知られています。

 

ランサーズを利用する大きなメリットは、Webデザイン・開発からマーケティング・ブランディングまで、幅広いサービスを企業に提供できることです。

また、決済システムや適正な価格体系を把握しやすいメリットがあります。

ユーザーインターフェースはシンプルで操作しやすく、技術サポートチームは24時間365日対応しています。

 

ココナラの特徴

ココナラは、2012年にサービスを開始した比較的若いクラウドソーシングプラットフォームです。

スキルの売買をコンセプトとしており、バーチャルアシスタントからコピーライティングまで幅広いスキルを企業が売買できるようになっています。

ココナラは、シンプルで使いやすいユーザーインターフェースと、高速で安全な決済システムを備えています。

また、サービス内容も充実しており、多くのユーザーに利用されています。


クラウドソーシングのプラットフォームには様々なものがあります。

各プラットフォームは、企業とフリーランサーの両方にとって、独自の利点を持っています。

ウェブデザインサービス、デジタルマーケティングの専門知識、事務的な手伝いなど、適切なクラウドソーシングプラットフォームを利用すれば、仕事を素早く、コスト効率よく終わらせることができます。

 

求人サイトを利用した副業探し

クラウドソーシングのプラットフォームだけでなく、在宅ワークの機会を提供する求人サイトも数多く存在します。

Indeedなどのサイトは、任意の都市の仕事を検索するのに適しており、在宅ワークの仕事を検索するのにも使用することができます。

クラウドソーシングでは短期間の案件が多いのですが、求人サイトでは具体的な仕事内容が掲載されており、期間も長いのが一般的です。

 

求人サイトで副業を探す際は、できるだけ具体的な内容を記載するようにしましょう。

「リモート」「在宅」などのキーワードを含めて検索してください。

応募する前に、必ず仕事内容をよく読み、熟読してください。

 

クラウドソーシングを利用した仕事の探し方

クラウドソーシングを利用して仕事を見つける場合、一般的に特定のタイムラインを持つ短期プロジェクトであることを覚えておくことが重要です。

多くの人が、手っ取り早くお小遣いを得るためにこれらのプラットフォームを利用していますが、この種のプロジェクトに関しては、自分自身で現実的な目標を設定する必要があります。

クラウドソーシングの仕事に応募する際は、応募する前に雇用主やプロジェクトについてよく調べておくこと、また、プロフィールや応募書類には、自分のスキルや職務経験について明確かつ簡潔に記載することが大切です。

クラウドソーシングに関しては、競争率が高く、目立つ必要があることを忘れないでください。

細部にまで注意を払い、仕事の要件をすべて満たしていることを確認するようにしましょう。

 

仕事の契約の仕方

クラウドソーシングの仕事には、タスク、プロジェクト、コンペの3つの形式があり、それぞれの形式によって応募方法が異なります。

タスク形式

タスク形式の仕事は応募が不要なので、気になる仕事があればすぐに取りかかり、完成後に納品することができます。

プロジェクト形式

プロジェクト形式の仕事は、少し手間がかかります。

固定費や時間給が発生するため、PRや見積もり作業量を入力した上で応募します。

申請が承認されると、プロジェクトに取り掛かることができます。

コンペスタイル

コンペ形式の仕事は、企画書や作品を提出した上で選考されます。

応募は自由ですが、必ず採用されるとは限りません。

 

どのタイプの仕事でも、応募する前や仕事をする前に、必ずクライアントに質問をしてください。

そうすることで、関係者全員が円滑に作業を進めることができます。

 

制作物の納品方法

クラウドソーシングで取り組んだ案件を納品することは、決して難しいことではありません。

作品の種類によって、いくつかの異なるオプションが用意されているので、すぐに利用できます。

Word、WordPressを使ったプロジェクトの納品方法についてご紹介します。

Wordで納品する方法

多くの場合、Wordで納品するように指示されます。

特にライティングのプロジェクトや、画像を必要としないプロジェクトではそうです。

その場合は、Wordで記事を書いて保存するだけです。

そして、プロジェクトのファイル添付欄に添付してください。

 

画像の添付が必要な場合もありますが、こちらは別途納品できることが多いです。

文書内で画像を参照する必要がある場合は、”画像1 “などのキーワードを使用するとよいでしょう。

そうすることで、クライアントが画像と関連するテキストを簡単に照合することができます。

WordPressでの納品

多くのライティング関連プロジェクトで、WordPressを使った納品が必要になることがあります。

この場合、クライアントからアカウント名とパスワードが提供されます。

この情報があれば、WordPressの編集画面にアクセスし、記事やプロジェクトの配信を開始することができます。

 

WordPressでの納品は、通常の納品よりも少し手間がかかるため、文字単価を高く設定できる場合があります。

WordPress配信では、画像の選定や記事の装飾が必要になる場合があります。

また、通常のWordPressの入稿・編集ガイドラインを意識する必要があります。


費用の請求方法

1.タスク形式

タスク形式では、納品後にクライアントから承認されれば報酬が発生します。

一般的には、アンケート調査や単純作業、低単価の作業などは、不承認になることはほとんどありません。

ただし、クライアントの指示に従わなかったり、アンケートの回答欄をすべて「わからない」と書いてしまったり、インターネットからコピーした文章を口コミで入力した場合などは、非承認になる可能性がある場合もあります。

このような事例に遭遇し、仕事に対する報酬が支払われない場合は、クライアントに連絡して問題を解決してください。

2.プロジェクトの形式

プロジェクト形式では、仕事を納品し、クライアントがそれを検収した後に報酬が支払われます

この工程は検収と呼ばれ、成果物に不具合や修正が必要ないことを確認する作業です。

修正箇所がある場合は、手直しをして完成させ、クライアントに検収してもらうことで報酬が確定します。

プロジェクトの形態には、固定報酬と時間報酬の2種類があり、選択した形態によって報酬の計算方法が決まります。

3.コンペの形式

クラウドソーシングで報酬を得るための主な方法として、「コンペ形式」のタスクがあります。

これらのタスクは、企画書や製品を提出し、それが採用されるかどうかを待つことになります。

採用されれば、その労力に見合った報酬が支払われます。

しかし、提案や作品が採用されなかった場合は、報酬は発生しません。

 

コンペ形式で企画書や作品を提出する場合、注意しなければならないのは、提出した作品がすべて報酬を得られるわけではないことです。

プラットフォームによっては、上位数名の応募者に少額の報奨金が支払われたり、まれにコンペティション(参加費)が支払われたりする場合があります。

この場合、受賞作品が選ばれ、他の応募作品には報酬が支払われません。

応募要項や予算をよく確認してから、作品を応募するようにしてください。

 

安全な在宅ワークの求人とは

政府が働き方改革の一環として副業を推進する中、自宅で好きな時間に働ける在宅ワークが注目されています。

しかし、在宅ワークについて検索すると、”詐欺 “や “危険 “というワードが出てくることもあり、”在宅ワークって大丈夫なの?”と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

安全な在宅ワークの副業

安全な在宅ワークの仕事を探すには、先に紹介した「クラウドソーシングサイト」がおすすめです。

クラウドソーシングサイトは、仕事の受注・発注だけでなく、報酬の支払いも仲介しています。

クライアント(仕事を発注する人)がクラウドソーシング(仲介サイト)に仮払いをしてから、ワーカー(仕事をする人)は実際の仕事を始めることになります。

そのため、指示通りに仕事をしたのに報酬が支払われないという心配はありません。

違法な仕事の掲載はできない

クラウドソーシングサイトには利用規約があり、違法な仕事は掲載できません。

また、「商品を購入する」「企業のメールマガジンに登録する」などのタスクも掲載できません。

このような仕事の掲載があった場合、詐欺の可能性が高いです。

仕事の内容をよく読んで、合理的でやりがいのある仕事かどうかを検討することが大切です。

 

また、報酬を求めずに仕事を紹介し、その後、報酬を受け取らずに長期間の作業を要求する業者もあるようなので注意が必要です。

そのような場合は、その仕事には手を出さない方がよいでしょう。

雇用契約と税金

仕事を始める前に、契約書において、仕事やプロジェクトの期間、給与率、支払い方法などの条件を明確にしておくこと。

後々の法的トラブルを避けるため、管轄地域の税金で決められたすべての収入に対して税金を支払うことの重要性を理解しておいてください。

また、自分の住んでいる地域の在宅勤務に関する法律も知っておくことが大切です。

 

高単価の仕事の例

ウェブデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインとコーディングを行います。

Webデザインには、ページの構成方法、HTMLやCSSなどのコーディング言語、見た目に美しい色彩構成技術など、深い知識が必要です。

初めてウェブデザインをする人には少しハードルが高いかもしれませんが、たくさん練習して独学でスキルを身につければ、ウェブデザイナーとして働き始めることができます。

他のクリエイティブな仕事と同様、ウェブデザインを始めるには、過去の作品や実績のポートフォリオを作成することが一番です。

ウェブライター

インターネット上に掲載する記事を書く仕事です。

文章を書くだけの一般的なライティングの仕事とは異なり、検索エンジン対策などの知識も必要です。

小説や詩を書くのと同じように、Webライターの経験と実績が重要視されます。

そのため、未経験の方でも、副業としてライティングを始め、いずれは正社員として活躍することも可能です。