在宅テレアポの仕事はつらいのか?向いている人の特徴4選&収入面を紹介

在宅テレアポの仕事というものがあるんですね。
家で仕事をしたいという方や、電話対応が好きな方にはおすすめの在宅ワークですね。

電話のみでの仕事になりますが、それなりにスキルも必要です。

在宅でできるメリットを始め、向いている人にはとても割の良い仕事だと思います。

在宅テレアポの仕事とは?

ここでは、在宅テレアポの仕事を、

  1. そもそも何か
  2. コールセンターとの違い
  3. んな人に向いているか

を解説したいと思います。

では、在宅テレアポとは何か?

一般に、コールセンター業務というのは、お客様から電話がかかってきた事に対し、マニュアルに沿って対応したり、サービス内容を説明したりといった業務が多くの範囲となり、かかってきた電話に対しての説明が多くなってます。

受け身の仕事が好きな方に向いていると言えます。

 

一方で、在宅テレアポとは、アポイントメントですから、仕事を受注するのが仕事となります。

単純に言うと、電話営業ですね。

基本的に、企業などでコールセンターを持たず、個人事業主に、自社の営業代行をお願いしている事が多くなっています。

という事で、独立した電話営業マンで、自宅にいて、いつでも出来る在宅ワークの一つと考えていただいてよいかと思います。

 

積極的に話ができる人にはやりやすい仕事ですね。

在宅テレアポの受注方法

まず、どのように案件を受注するのか。

例えば、契約した会社の商品を売る、或いは、契約した会社の営業マンが、いつ営業に行って良いか、商談の日程を調整する事なども業務範囲に入ってきます。

何となく、在宅テレアポの仕事がボヤっと見えてきたところで、一日の仕事の流れを紹介いたします。

まず、時間はいつでも良いです。

電話を業務委託している会社のリストから、とびこみで営業の電話をかけて契約を取り付ければよいです。

1時間でも良いし、朝から晩まで仕事をしても構いません。

一日の業務に決まりはなく、本当に自由に働きたい人、或いは、決められた時間に仕事をするほど自分の時間に余裕がない人に向いているような勤務形態となり、流れと言ってもほぼないようなものになります。

 

在宅テレアポの収入は?

ここで気になる収入面ですね。

収入も、かなり個人差が出てくるものとなります。

例えば、契約一つで1,000円といった歩合制があったり、一件電話する毎に30円前後もらえるなど、仕組みは委託先によります。

実質的に自給換算すると1,000円程度になってしまうものも多いようです。

 

ここまで読むと、自分には難しいのではないかという感じになってきますね。

実際、個人事業主で仕事を取るというのは、大手の会社の看板があったり、或いは、すごく魅力的なサービスでないと、中々電話を受けて即話がまとまる事はまずありません。

在宅テレアポに向いている人

向いている人の特徴4選を上げるとすれば、

  1. 断られても、仕事の一環だと割り切れる人
  2. そもそも、断られて当然と割り切れる人
  3. 自分のトークスキルに自信のある人
  4. 自分の営業の力に自信がある人

このような、自分に自信のある人と言っても良いかもしれません。

 

無駄な時間を有効に使ってチャレンジ

益々、自信の持てない人には『難しい』と思わせてしまっているかも知れませんが、あと少し読んでみてください。

まずは、元々本来時間が少ししか避けないのに仕事が電話一つで出来るというのは、大きなメリットです。

本来であれば、テレビを見て過ぎていってしまう時間かも知れないですし、有効に活用出来ていない時間かも知れません。

 

そんな時間をお金に換えるチャンスに出来るかも知れないと考えたら、別に10件かけて300円もらえても今日はおしまい、と考えて仕事をする日があっても誰もその勤務精神に文句は言いません。

それでも、その電話先と、申し出る案件がたまたま合致すれば、自分のスキルに関係なく契約を獲得できます。

そういった点で、毎回いくら稼ぐとか、あまり目標を持ちすぎなければ、自信のない人でも出来る仕事であるともいえます。

 

自信がない人でも一度やってみると天職だと感じるかもしれませんね。

 

在宅テレアポを体験した30人にアンケートをとってみた

実際に在宅テレアポを体験した30人に、大変なのか?楽しいのか?収入面はどうなのか?などアンケートを取りました。

経験者の意見をぜひ参考にしてみましょう。

30代男性 埼玉県在住

副業歴1年未満。土日で3時間程度作業をしています。1ヶ月に2万円ぐらい稼いでいますが、慣れるまでは大変なので、あまりおすすめはしません。
副業歴3年以上。土曜日に3時間程度・平日に空いている時に2時間程度して、1ヶ月4〜5万ぐらいの収入です。20代前半ぐらいからずっと続けてますが全く苦痛に感じないです。

36歳男性 東京都在住

37歳男性 神奈川県在住

本業で週2日を1年以上続け、月に10万稼いでいます。とても自分に合っていて楽です。
副業歴1年未満、週20時間作業で月10万円の収入です。することが明確、経験も求められないため特に副業としてはいいお仕事だと思います。

26歳女性 千葉県在住

28歳女性 大阪府在住

本業として3年以上続けています。1日4時間週4日、収入は月5万前後のパート勤務です。在宅テレアポは総合的に見て楽だと思います。淡々と仕事ができる人にはおすすめです。
本業歴1年未満、週2日で5時間しています。自由にでき、通勤のストレスもないため落ち着いて作業ができるので楽です。収入は月約20万円。

30歳男性 佐賀県在住

31歳男性 東京都在住

副業で始めて1年以上。1日3時間を週1〜2日の作業で楽です。収入は月数万円程度ですが、人と対面するのが苦手なため自分に合っているので、自分のペースでできておすすめです。
副業歴1年未満、1日3時間・週4日・月5万円の収入です。感情を出さなければコツコツ継続するだけの作業なので楽です。自宅でできるので通勤の必要もなく自分の好きな時にできます。

37歳女性 埼玉県在住

36歳男性 千葉県在住

副業歴1年以上、1日6時間作業を週5日しています。慣れれば抵抗も減るので楽だと思います。気長に割り切って仕事ができる方にはおすすめです。月に約20万円稼いでいます。
本業で週5ペースでしています。収入は23万円程です。クレームなどが合ったときは大変ですが、基本的には楽です。家にいることが好きな人にはおすすめですが、一人暮らしの人は鬱になる可能性があるのでおすすめできません。

35歳女性 北海道在住

33歳女性 東京都在住

副業で週2、1日1時間程度しています。短時間のためそこまでストレスもないです。主婦や家にいることが多い人にはおすすめです。収入は月8,000円程度。
副業で週3、月3万円の収入でした。副業として隙間時間に仕事を探している人にはおすすめです。

38歳女性 静岡県在住

39歳女性 福岡県在住

副業で週2日の仕事で月5,000円ほどの収入です。気持ちの切り替えが難しかったりするので大変です。在宅での仕事にこだわりがなければ外で働く方が楽かも知れません。
本業で週5〜6日、8〜9時間で作業をしています。自宅でできるのは楽ですが、何千件に1〜2件ペースなので相当しんどいです。向き不向きのある仕事で、メンタル的にもしんどくなる仕事です。収入は月20万いかないぐらいです。

39歳男性 大阪府在住

43歳女性 兵庫県在住

副業で1日4時間程度、週5の作業です。私の場合集合住宅に住んでいるので、防音にも気を遣うので少し大変です。テレアポ経験があり、在宅での仕事を望んでいる方にはおすすめです。収入は10万程度です。
副業で1日3時間を週に2回、月に2万円の収入です。仕事自体は大変ではないですが、そこまで儲かる案件でもなく、神経を使う内容でストレスになるのであまりおすすめはできません。

33歳男性 岡山県在住

25歳男性 大阪府在住

副業で1日3時間、週3日、月3〜5万円の収入です。最初は大変ですが、マニュアル通りにしっかりしていれば慣れてくると楽です。在宅なのである程度まとまった隙間時間で働くことができるのでおすすめです。自分に合った働き方ができる企業を探すのがいいと思います。
副業で1日1時間、収入3万円。初めは大変でしたが、慣れたら大変です。

33歳女性 滋賀県在住

54歳男性 神奈川県在住

副業で1日4時間・週に4日、月2万円の稼ぎ。どちらかと言えば楽です。隙間時間を使ってできるのでおすすめです。
副業で週に3日作業をしています。収入は月5万円程度。ノルマもなく自分のペースでできるので楽ですが、電話だと不審がって話をしてくれない人が多いので、嫌になってしまうかもしれないのでおすすめできません。

31歳男性 新潟県在住

37歳男性 東京都在住

副業で1日4時間で週に2回、月2万円の収入。顔が見えない分、何を言われても気にならないので楽です。話すのが好き・無駄な時間をお金に換えたいと思っている方におすすめです。
副業で1日2時間・週10時間・収入月4万円。通勤しなくてもいいのでその分働く時間も確保でき、収入に繋がるのでとてもおすすめです。

40歳男性 広島県在住

29歳男性 千葉県在住

副業で1日5時間週3日、月に6万弱稼いでいます。体力的には座って対応するので楽ですが、罵倒や悪口を言う、ガチャ切りされるので精神的にはかなりキツいです。ノルマがあると更にキツく病む人も多いようです。精神的に図太く、スルー力があり、怒られ慣れている人などは向いているかもしれませんが、逆に気にしてしまう人は止めておいた方がいいです。
本業として週3〜5日の勤務、月平均2万円の収入です。電話をかけてもほとんど出ず、繋がったとしても煙たがられて話を聞いてもらえないので精神的に辛いです。感謝されることはほぼ無く、きつい言葉を言われることが多いのでおすすめはできません。実際、周りの人もほとんどが辞めていて私ももうすぐ辞めます。

41歳女性 京都府

48歳男性 北海道在住

副業歴約1年、土日祝のみで1日3時間の作業、多い時で5万円の収入です。お客様との会話から、なんとかこちらのペースに持ち込んで成約に漕ぎつけるのは、至難の業です。よほどのセンスある会話と交渉力に優れていないと収入には結び付きにくいので、あまりおすすめできません。
副業で月40時間ほどしています。収入は10万円ぐらいです。力量によってそこそこ稼げるのでおすすめです。

25歳女性 東京都在住

43歳女性 埼玉県在住

副業で1日3時間週3日、月5万円ほどの稼ぎです。在宅なので環境を自分のペースに整えた状態で仕事ができ気持ちをリラックスさせながら仕事ができます。仕事上のストレスを感じることがあるとしても在宅ゆえにすぐに消化し気持ちを切り替えることもでき良い仕事だと思います。
副業で週3日4時間程度の作業、月平均5万円程度の収入です。やり始めた頃はいくら電話をかけても断られるばかりで精神的にもきつく、落ち込んだりもしました。慣れてしまってからは、自分のペースで仕事はできるので楽に感じるようになりました。ある程度の時間の融通がきくことと、休み休み自分のペースで仕事ができるので、特に小さなお子様がいる方や副業でやってみたい方にはいいと思います。

46歳女性 福岡県

28歳男性 神奈川県在住

副業で週2回程度で月約5万円の収入です。自分のペースで取り組めるという点では気は楽ですがマネタイズを前提に考えたときに継続的に数字を上げるというのは一筋縄ではいかないので大変です。継続的に毎月の目標金額を稼ぐためには常に問題点とそれに対する改善策の模索が必要になり、ひたすらトライ&エラーの繰り返しになります。営業経験がある、人と話すのが好き、空き時間は家にいることが多く環境が整っているなどの強みがある方には一度でも取り組んでみる価値のある仕事だと思います。

 

在宅テレアポをする際の注意点

在宅テレアポ体験談を見ていただいたところで、副業で在宅テレアポをする際の注意点を書いておきます。

募集をしている会社様によっては、パソコン、カメラ、光回線といった、初期費用を伴う事があります。

架電システムにて、パソコンからの電話がほとんどですので、在宅で始められる、ヘッドセットや、環境の準備を用意してくださいと頼まれることもあります。

 

もし、初期投資としてどうしようか迷った際には、ご家族がいるなら、Wi-Fiで家では携帯電話の通信料がかからなくなるメリットなどもあります。

パソコンも安いものからありますし、パソコンを家に持たないというのは、ある意味現代社会では不便なことも多いです。

勿論仕事の為の初期投資としては大きなお金になりますが、家庭の支出として、また、家庭にパソコンがある環境が出来るなどメリットとデメリットを考えましょう。

 

コストがかからない

また、在宅で依頼する側からしたら、コストはかなり安く済みます。

そして、会社様の依頼が基本となりますから、自分で用意する前に、送ってもらうなどの手段も考えてみてください。

パソコンについては、なるべく画面の大きいもので、容量だけは大きめがお勧めです。

スタイリッシュである必要はありませんが、電話がつながりにくくなったり、パソコンの画面に入力、マニュアルを表示しながら電話を掛ける事を想定して使いやすさ重視をお勧めします。

何より、そのタイプのパソコンは価格的にも安いものが多いです。

 

在宅テレアポを始める前に知っておきたいこと

それではまとめていきましょう。

まず、在宅テレアポを始めるなら、

  1. 環境整備が必要(初期投資)
  2. 時間がないが少しでも収入を得る手段が欲しい人にお勧め
  3. 個人事業主として、トークスキルと営業スキルのどちらかが求められる
  4. 割り切った考え方が必要。一件一件、冷たく断られても落ち込まない事
  5. 無駄な時間の使い方をなくす手段と考え、気楽に取り組む

上記のような点に注意すると良いのではないかと思います。

尚、最後に重要な点は、何を販売する電話なのか、なんの契約の電話をするのか、仕事の内容はすごく大事です。

世の中には、売りやすいもの、契約しやすい事と、真逆のどうも怪しいようなものもあります。

 

勿論、売りにくい、契約しにくい仕事が得意であれば、対価は大きくなりやすいですからそれを選ぶ方が良いでしょう。

ただ、50件かけて、5秒で全て電話を切られるなどのケースもあるので、気にしないとはいってもメンタル削られるほどの案件はやめておきましょう。

 

MEMO
  • 自分が得意、知っている事の中で、他の人が難しいかなと思っている業務委託先を選びましょう。契約金額が低くても、件数が取れるかもしれません。
  • 業務委託先が、世の中に良く知られているという事も大事です。企業名を聞いて、知らないから切ってしまうケースは良くあります。
  • 副業の方は『雑所得』で税金の申告と覚えておきましょう。会社にばれると気まずい、禁止されているなどあるかも知れませんが、日本政府がすすめている副業です。ここに関しては、別記事が色々出ているので、検索してみてください。

 

在宅テレアポに関するまとめ

色々難しい点も上げましたが、特に環境の整っている方は気軽にやってみて、嫌ならやめるというのもありだと思います。

今はアルバイトも昔とは変わって、暇が出来たらその時間働くなどという時代。

変化している事についていってやってみる、お試しする事を実行するだけでも、意外と自分にプラスになるかもしれませんよ。