【副業初心者・在宅ワーカー必見!】2022年おすすめ副業ランキング10選

在宅ワークやスキルシェアサービスの認知度が高まり、趣味や得意なことでお金を稼げる時代になりつつあります。

こうした背景から、「本業でガッツリ稼ぎながら、副業を通じてキャリアの幅を広げていきたい!」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、初心者の方でも始めやすいおすすめの副業ランキング10選をご紹介します。

2022年おすすめの副業トップ10

ここでは、スキルがなくても始めやすい作業系から、本業にも活かせるスキル系の副業まで幅広くまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

10位:フードデリバリー

MEMO

フードデリバリーとは…

自分で用意した自転車やバイクを使用して、注文先のお店から受け取った料理を配達する仕事

土日や仕事終わりなどのスキマ時間を活用して、サクッと稼げるのが魅力です。

最近では数多くのデリバリーサービスが登場していますが、知名度や活動エリアの観点で、以下の3つがおすすめです。

住んでいる地域や報酬単価などの重視する基準を決めたうえで、マッチするサービスを選択してみてください。

9位:株式投資

株式投資は、スキル系の副業にくらべて、時間をあまりとらないうえにコツコツと収入を上げられる副業の1つです。

株式投資のジャンルは様々で、たとえば、以下のような商品が挙げられます。

  • 投資信託
  • 株式投資(個別株)
  • ETF

「投資の知識がなくて、何から始めれば良いか分からない…」という方は、まずは毎月数千円程度の積立投資(投資信託)から始めるのが堅実といえるでしょう。

投資を行うためには、株式取引を行う証券会社への口座開設が必要になります。

証券会社には様々なものがありますが、取り扱っている商品の充実度や大手会社が運営しているという信頼感から、「SBI証券」が特におすすめです。

会社ごとに扱っている投資商品や傾向が異なるので、事前に確認しておくようにしましょう。

参考 SBI証券はこちらからCheck!

8位:データ入力

MEMO

データ入力とは…

Excelなどのシートに必要な情報を入力する仕事

入力してほしい情報が事前に用意されており、マニュアルに沿って入力できれば業務が完了するため、最低限のPCの知識とタイピングスキルさえあれば、誰でも簡単に始められます。

1件単位の報酬が少ない点はデメリットといえますが、PC操作に慣れて作業効率を上げてしまえば、その分収入を増やすことができます。

仕事の受注先としておすすめのサービスは、以下の通りです。

上記2つは、充実した案件数にくわえて、10〜30分程度で作業が完了する案件も多数存在するため、スキマ時間で稼ぎたい在宅ワーカーや主婦の方におすすめしたいサービスです。

7位:イラスト販売

MEMO

イラスト販売とは…

発注者が求めるイラストを制作・販売して収益を得る仕事

一口にイラスト販売といっても、会社のロゴやキャラクター、SNS発信用のアイコン制作など、目的に応じた様々な案件が存在します。

これからイラスト販売をしていきたいという方は、まずは個人間での取引が活発に行われており、オリジナルイラストを販売しやすいという点で、以下のサービスがおすすめです。

絵を描くスキルは必要ですが、趣味や好きなことがそのまま活かせるのは嬉しい点といえます。

6位:ハンドメイド

MEMO

ハンドメイドとは…

アイデアや器用さを活かして、アクセサリーやネックレス製作・販売を通じて、お金を稼ぐ副業の1つ

相手の要望に沿った製作を行うことが多いですが、自分が作りたい商品を作り、その良さに共感してくれる人に向けて販売できるのも、ハンドメイドの魅力といえます。

オリジナリティを存分に盛り込んだ製品を販売したいという方は、フリーマーケット感覚で始められる、以下のネットショップサービスを利用するのが良いでしょう。

5位:Webデザイン

MEMO

Webデザイン職とは…

日頃見る機会の多いWebサイトやホームページのレイアウトや画像配置を決める仕事

本業でデザインスキルを活かしていたり、様々なWebサイトを見るのが好きな方は、Webデザインの副業で自身の強みを伸ばしてみるのはいかがでしょうか?

受注する案件のジャンルは幅広く、企画からデザインまでを業務範囲とする場合もあれば、HTML・CSSのスキルを活かしたコーディングまで実施するものもあります。

仕事の受注は、ITスキル特化型の案件が多数揃っているという点から、以下のサービスを経由するのが良いでしょう。

  • クラウドワークス
  • レバテック

4位:プログラミング

Webサービス開発や業務自動化に貢献するプログラミングも、近年注目を集めている副業です。

ある組織のWebサービス開発のプロジェクトに長期間携わったり、Pythonなどを活用した自動化プログラムを提供することで単発報酬を得るなど、その働き方は多岐に渡ります。

副業として始める場合は、Webデザイン同様にITスキル特化型の案件を多く取り扱っているクラウドワークスレバテックから仕事を受注するのが一般的です。

プログラミング言語や論理的思考に慣れる必要はありますが、本業の業務効率化にも活かせる汎用的なスキルを身に付けられるため、学んでおいて損はないはずです。

3位:動画編集

Youtubeなどの需要が高まりつつある現代では、撮影した動画にテロップやBGMを追加する動画編集の副業も注目されています。

「Adobe Premiere Pro」などの有料ソフトや動画編集に適したPCを用意する必要はありますが、機材とスキルに一度投資すれば長く稼げる副業です。

動画編集スキルを活かせる案件を扱っているサービスの中でもココナラは、クリエイターの方と密に連携しながら仕事を進められる点が特徴です。

経験の浅いうちから動画編集の実績を着実につけていく上で、ぜひ使っておきたいサービスの1つといえるでしょう。

2位:個人のブログ運営

MEMO

ブログ運営とは…

単発型や継続案件型の副業とは異なり、自身のブログやWebサイトを開設して、アフィリエイト報酬や広告収入に繋げる仕事

書いている記事が必ず報酬に繋がるわけではないため、稼ぐまでに時間はかかりますが、質の良いコンテンツを作り続ければ、継続的に収益を生み出すビジネスにもなり得ます。

ブログ運営を始めるにあたって、サーバー費用や独自ドメイン代を累計して年間1万円前後の初期費用がかかります。

しかし、ブログ運営で収益を得られるだけでなく、ライティングやマーケティングのスキルも身に付けられるため、費用対効果はかなり高い副業といえるでしょう。

1位:Webライティング

MEMO

Webライティングとは…

メディア連載用のコンテンツや書評など、様々なテーマに沿った記事を執筆することで収益を得る仕事

「本業以外で、1円でも稼ぐ経験をしたい」と考えている方には、特におすすめしたい副業の1つです。

理由としては、初心者の方でも始めやすく、文章の型を掴めば稼ぎやすい仕事であると考えているためです。

また、様々なWebコンテンツが求められている現代ではライティングスキルの需要が高く、同時に、ビジネスパーソン全員に求められる文章力を一緒に磨けるのも嬉しい点といえます。

ライティング初心者の方であれば、個人間でこまめなやりとりを行いながら実績を積める「ココナラ」、ある程度慣れてきたら長期継続型案件で単価アップを目指せる「クラウドワークス」で仕事を受注するのがおすすめです。

 副業ランキングまとめ

いかがでしたでしょうか?

副業を始めることで、複数の収入源を確保できるのは大きなメリットです。

しかし、「所属している会社以外からお金を稼ぎ、他人から感謝される」という経験こそが、一番の醍醐味といえるのではないでしょうか。

最初のうちは不安なことも多いかと思いますが、今回ご紹介した副業を参考にしながら、自身に合った仕事から挑戦してみてくださいね。