イラスト制作や画像加工で活躍!2022年おすすめの画像処理ソフト3選

画像処理ソフトは使えると便利?
画像加工ができるとブログ運営にも役立ちます。

 

イラスト制作や画像の加工作業を行う際に必要になってくるのが、「画像処理ソフト」です。

画像処理ソフトとは

デジタル化された写真や画像のデータを編集・加工したり、イラストを制作したりできるツールのこと

一口に画像処理ソフトと言っても機能や使い方は多種多様なため、具体的にどのようなことをしたいのかを事前に検討した上で、ソフトウェアを選ぶ必要があります。

そこで今回は、2022年おすすめの画像処理ソフト3選をご紹介します。

画像処理ソフトの選び方

画像処理ソフトには様々な種類がありますが、「誰にとってもおすすめ!」と断言できるものはなかなか存在しません。

というのも、画像加工やイラスト制作などの目的別で特化したソフトが展開されているケースが多く、すべての人が使いやすいと感じるソフトは限られているためです。

したがって、サービス選びの基準を事前に知っておくことは、きわめて重要といえるでしょう。

ここでは、自身に合った画像処理ソフトを探す際に参考になるポイントを簡単にご紹介します。

料金・機能面

これから画像処理やイラスト制作を始めるにあたって、「いくつかの画像処理ソフトを実際に使ってみて、直感で判断したい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そのような方は、導入するソフトウェアの料金と機能面の費用対効果を、肌で感じておく必要があります。

画像処理ソフトのサービスプランは、有料契約する前は最低限の操作しかできないものから、求めている機能を無料ですべて使えるものまで様々です。

また、「無料でありながら使いやすさも抜群だけど、求めている機能とはちょっと違う…」というように、実際に使ってみないと分からないケースもあることでしょう。

画像処理ソフト選びで失敗しないためにも、使用するソフトにどれだけ投資できるのかを事前に検討した上で、可能であれば、無料から始められるサービスを選ぶことをおすすめします。

無料のものでも基本的なことはできるので、簡単な画像加工は無料版でも十分まかなえます。

対応機種・OS

料金や機能と同様に、使用するソフトウェアが日頃使用しているPCで動作するかどうかを把握しておくことも大切です。

画像処理ソフトの中には、MacやWindowsなどのすべてのOSに対応していない場合もあります

お気に入りの画像処理ソフトを見つけたら、持参しているPCのOSと適合しているかを入念に調べておくようにしましょう。

このとき、OSの種類だけでなくOSのバージョンも一緒に確認しておくと、さらに安心です。

【主婦必見!】在宅でイラストレーターを始めるには|未経験でもできる資格不要の仕事内容

おすすめの画像処理ソフト3選

ここまで、画像処理ソフト選びのポイントについて解説してきました。

この章では、前章の観点を踏まえた上でおすすめしたい画像処理ソフト3選についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください!

GIMP

GIMP」は、世界中の幅広いユーザーに支持されている高機能な画像編集ソフトです。

無料でありながらも有料級の豊富な機能を使えるため、「Photoshop」の代替ソフトとして使われることも多々あります。

日本語対応がされているうえに学習教材も豊富なため、画像編集やイラスト制作の経験有無にかかわらず、迷ったら入れておきたい画像編集ソフトといえるでしょう。

デメリットがあるとすれば、「本業でガッツリ使用する場合は、やや不便に感じる」という点でしょうか。

機能面は充実しているものの、拡大したときにドット状の荒い部分が目立ったり、高度な編集ができないという側面もあります。

とはいえ、これから趣味や副業で小さく始めていきたいと考えている方にとっては最高の入門ソフトといえるため、入れておいて損はないでしょう。

参考 GIMPのダウンロードはこちら無料画像処理ソフト【GIMP】

Pixia

Pixia」は、無料で配布されているイラスト制作特化型のペイントソフトです。

手書きでイラスト制作ができるのはもちろん、マスク機能や色彩調整機能などを活用して、外部から取り込んだ画像を加工することもできます。

また、操作画面はシンプルなデザインになっており、初心者の方でも直感的に操作できる点も魅力の1つといえます。

イラスト制作に特化した画像編集ソフトは、高度な編集ができるがゆえに、操作方法が複雑になっているものも多々あります。

しかしPixiaは、必要な基本操作を覚えながら手軽に作業を進められるため、「イラスト制作の体験をしてみたい!」と考えている方にぜひおすすめしたいソフトです。

参考 Pixiaのダウンロードはこちら無料ペイントソフト【Pixia】

Luminar AI

Luminar AI」は、最近流行りの人工知能(AI)を搭載した画像編集ソフトです。

こちらのソフトウェアの凄いところは、加工する画像の荒い部分や色使いをAIが認識し、自動的に画像処理をしてくれるという点です。

このような機能があることで、ユーザーは細かい加工作業に時間をかけることなく、求めている画像イメージに仕上げることができます。

そのため、Luminar AIの基本的な使い方さえ把握できれば、背景合成や加工などに慣れていない初心者の方でも、短時間で高クオリティの画像編集を行うことができるのです。

有料のソフトですが、9580円の買い切り型ソフトなので、一度購入すれば永久的に使うことができるのも嬉しいですね!

参考 Luminar AIの購入はこちら画像編集ソフト【Luminar AI】

画像処理ソフトに関するまとめ

いかがでしたでしょうか?

2022年現在も多くの画像処理ソフトが登場し、定期的にバージョンのアップデートがされているため、ユーザーの価値基準や好みも刻々と変化してきています。

また、Photoshopのような価格設定高めのサブスクリプションサービスだけでなく、お手軽な価格で買い切りできるものも出てきていることから、初心者の方も参入しやすくなっているのではないかと思います。

今回ご紹介したのは、まだイラスト制作や画像加工に慣れていない方でも導入しやすい画像処理ソフトなので、「まずは、画像加工やイラスト制作のスキルを身に付ける!」という気軽な気持ちでぜひ取り入れてみてください!