ベビーシッターの副業|スキルは必要?気になる収入面も紹介

ベビーシッターは、そのご家庭に行き赤ちゃんや小さい子供のお世話をお母さんに代わって行います。

忙しいお母さん、どうしてもこの日は子供の面倒が見れない、など事情は様々ですが、そんなお母さんのための救世主、『ベビーシッター』。

どういった仕事なのか、給料はどれほどなのか、紹介していきたいと思います。

近年ベビーシッターの需要も高まっている

ベビーシッターを利用する家庭は富裕層」というイメージを持っている人も多いと思いますが、近年ではベビーシッターも色々なサービスを導入し、どの家庭でも利用しやすくなっているようです。

今は共働きの夫婦も多かったり、待機児童問題で子供を保育園に預けられない家庭も多くみられます。

そんな親御さんのためにも気軽に利用できるのはいいことですね。

その影響でこの仕事に就く人も多く、副業としてベビーシッターをしている方もいます。

 

子供とふれあえる仕事がしたい、子供が好きだけど保育士の資格は持っていない、など、子供に関わる仕事をしたいと思っている方におすすめです。

ベビーシッターは資格が必要?

「保育士と同じようにベビーシッターをするには資格が必要なの?」

と思う方は多いでしょう。

ベビーシッターは資格不要です。

資格がなくてもベビーシッターとして働けます。

 

認定ベビーシッター』という資格もありますが、必須ではありません。

ベビーシッターとして長く働いていきたいという方はぜひ取得してください。

 

ベビーシッターとして働くために必要なスキルは?

実際にベビーシッターとして働く上で必要なスキルはあるのか気になりますよね。

もちろん全く子供と関わったことのない方には無理なことです。

また、ただ子供が好きなだけでは務まらない仕事です。

保育士など子供と接する仕事をしていた人、子供を育てたことのある人でしか分からない子供の動きや気持ちなど、子供に理解のある人にふさわしい仕事です。

実際に子供と長い時間過ごしてみると、思っている以上に体力を奪われます。

大人が予期しない行動をとったり、少し目を離した隙にとんでもないイタズラをしていたり、危うくケガをするところだったり、危険なことは目と鼻の先です。

 

また、子供からの遊んで遊んで攻撃やおもちゃを片付けたと思ったらまたひっくり返されたり・・。

1人で1人の面倒をみるのも大変な労力です。

そういう面を考えて、ただ子供が好きという考えでは1日を乗り切れません。

逆に子供が苦手になってしまうこともあるので、子供のことをよく分かっていることが前提で始めてみましょう。

 

そして、子供の体調の変化にも気付けること、常に子供から目を離さないこと、子供と同等の目線になり接すること、など基本的なことが自然とできることも重要です。

他人の子供でも悪いことをしたら注意をしないといけませんし、かと言って手を上げたり恐怖を与えるようなことは絶対にあってはいけません。

 

そして長い時間一緒にいるので、何よりも自分になついてくれるかどうかが一番大事です。

子供はその大人が自分にとって良い人か嫌な人かを最初の印象で判断しています。

自然と子供になじめる人は適任です。

 

子供にも色々なタイプの子はいます。

元気な子、大人しい子、人見知りをする子、喜怒哀楽の激しい子、ベビーシッターはどんな子でも対応できることが前提です。

優しい気持ちで子供と接することを忘れないようにしましょう。

 

▼主婦に人気のアンケートモニターでお小遣い稼ぎ!

【主婦におすすめ】アンケートモニターで気軽にお小遣い稼ぎ

ベビーシッターとして働く時間帯は?

働く時間帯ですが、依頼をしたご家庭の希望に合わせます。

朝から夕方まで、午前中だけ、夕方だけ、習い事の送迎、育児疲れのお母さんが睡眠時間を確保する時間だけ、など、その家庭の要望に合わせて仕事をします。

継続の仕事の場合や、一度だけの単発の場合もあります。

親御さんからの評価が良ければ、今後も継続して依頼をしてきてくれるので、あなたの仕事次第です!

 

子供さんの面倒を見るだけでなく、掃除やご飯の用意もお願いされるケースや夜間も見て欲しいということもありますので、自分ができる範囲での仕事をしていきましょう。

無理に引き受けてしまうとトラブルの元です。


ベビーシッターの収入

一番気になる収入面ですが、働いた時間によって異なりますが、請負形式によっても違ってきます。

ベビーシッターの派遣会社に登録をして働く場合時給900円〜1,300円
ベビーシッターのマッチングサイトを利用して働く場合時給1,500円〜2,000円
個人的に依頼を受けて働く場合(知人や紹介など)時給2,000円〜

という感じになります。

やはり直接の依頼が一番稼げますね。

ただ、個人間だと金額設定や取り決めなどが甘いため何かあったときに揉めるケースが多いです。

 

ベビーシッターおすすめサイト

参考 imom(アイマム)imomはベビーシッターとお子さまをお持ちのパパママを繋ぐマッチングサイトです。 参考 ケアファインダーケアファインダーはお子さまのための上質なケアを大切にしています。 参考 キッズライン即日から定期まで、安心安全のベビーシッター・家事代行サービス 参考 comorinet(コモリネット)安全性と利便性を第一に考え、子守りネットワークを社会のすみずみに

 



ベビーシッターに関するまとめ

最近、ベビーシッターに関する事件などのニュースを目にすることもありますが、『子供のお世話をするのが好き』『子供の笑顔が好き』『子供の喜ぶ顔を見るのが好き』という純粋な気持ちがあればそんなことが起こるはずがありません。

お父さんお母さんの大切なお子さんを任せられた以上、責任を持って大切に接しましょう。

咄嗟の判断が思わぬことになってしまうこともあるので、

  • 子供から目を離さない
  • 危険なものが周りにないかを常に確認
  • 子供が欲しがってもむやみにものを渡さない

など、小さい子供といると何が起こるか分からないので、細心の注意を払い接するようにしましょう。

 

そして、子供好きを活かして自分の好きなことを副業として始めてみませんか?

子供、親御さんから信頼をされることで続けて仕事ができますし、評判がよければ他のお客さんからの依頼も入ります。

子供と接することが好きな方、自分の子供も手を離れもう一度子育てをしたい、そんな方はぜひ始めてみましょう。