【副業】写真販売でお金を稼ぐ方法|おすすめ販売サイトを紹介

写真好きさんにうってつけの副業『写真販売』。

風景や人物、四季折々の写真を撮ってそれをお金に換えることができます。

自分の趣味を楽しみながら収入も得られる、そんな嬉しいお仕事、ぜひあなたも始めてみませんか?!

初心者でもできる写真販売

写真販売の仕事は、初心者でももちろん始められます。

なぜなら、スマホでも十分綺麗な写真が撮れるからです。

写真機能が充実している近年、とても高画質な写真がすまほでも撮ることができます。

本格的なカメラを購入しなくてもスマホ1台で行えるのです。

初期投資が難しい方はぜひスマホから始めてみましょう。




写真販売はどこで写真を売る?

肝心な写真販売先ですが、写真を販売できるサイトがいくつかあります。

ということは、自宅にいながら販売することができるのです。

写真を撮るだけで満足している方、在宅でお小遣い稼ぎをしたい方、お金を稼げるチャンスです。

おすすめ販売サイト

『PIXTA』

国内大手のPIXTAは、様々な画像素材を販売できます。

写真だけでなくイラストも販売できるので、イラストに興味のある方も利用できます。

ジャンルも幅広く、色々な写真を撮っている方にもおすすめです。

『BASE』

BASEは、無料でネットショップを開設でき、自分だけのページで写真を販売できます。

ページデザインも自分で選べれるので、オリジナルのページが簡単に作成できます。

『Shutterstock』

shutterstockでは、画像・写真・動画、様々なジャンルで販売可能です。

有料登録ですが、無料トライアル期間も設けています。

写真販売体験談

ここで、写真販売の体験談をご紹介します。

1ヶ月に稼いだ金額なども掲載していますので、ぜひご参考にしてみてください。

近年、大手企業でも社員の副業を認める企業が増えてきています。
かつては、アルバイトなどでの副業が当たり前でしたが、現在はパソコンやスマホのみで様々な副業が出来てしまう時代。

文明開化のおかげで、おこづかい稼ぎがしやすくなったものです。

とは言え、ネットでの副業って色々とありすぎるし、そもそも稼げるの!?と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

そんな中、最近は自分が撮った写真を販売して稼ぐ副業があります。
そこで、私が副業として行っている「写真販売」についての体験談をお話させていただきます。

 

私が写真の販売を始めたのは約1年前です。
皆さんがきっと気になる「写真販売は稼げるのか?」という疑問について先にお伝えしておきましょう。
1年経った今、私は写真販売で

月に約50,000円を稼いでいます。

内訳は、

  • スナップマート 【約5,000円】
  • ランサーズ 【約30,000円】
  • BASE 【約15,000円】

この額が皆さんにとって満足できる額なのかどうかはわかりません。
しかし、ランチ1食400円を言い渡されている私にとっては大きな収入です。
それでは、私がどのようにして副業で写真を販売しているのかをお話していきます。

①どんな機材を使っているのか?

私が使っている機材はそこまで高価なものではありません。
とは言っても、一眼レフカメラを使っているので安くはないのですが、実は販売している写真の半数がスマホで撮影した写真なんです。
なので、初めのうちはスマホのカメラでも十分なのです。

 

[ カメラ ]
■キャノン EOSーR
□単焦点レンズ
□広角レンズ
□ズームレンズ
■Galaxy note10+

 

[ 編集ソフト ]
■Photoshop

 

[ その他 ]
■三脚
■リモートコードシャッター

 

たったこれだけです。
これから揃えようとする人にとっては少し高額の投資になってしまうかもしれませんが、先に述べたようにスマホ1台でも始められます
私の場合は、もともと写真を撮ることに興味があって、趣味として一眼レフを始めていたのでそこまでハードルは高く感じませんでした。
写真を販売してみようと考える人の多くがそもそも写真を撮ることが好きなのではないかと思うので、趣味の延長と思って初めてみると良いかも知れません。

②写真の販売方法

写真の販売をするために私が現在利用しているサイトは、「スナップマート」、「ランサーズ」、「BASE」の3つです。

サイトの他でも直接知り合いから依頼が入ったりすることも今ではあります。
先日は保育園からの依頼がありました!!が、この話はお預けにします。

では、これら3つのサイトについて簡単に説明しましょう。

スナップマート

こちらは、写真・動画専用の販売サイトです。
自分の写真が購入された場合に、自分のランクに応じた報酬割合分が報酬として受け取れます。

2021年10月現在では、ランクレベル1~7まであり、レベル1で30%~レベル7で60%の報酬割合となっています。
私はランクレベル5ですので50%の報酬割合です。

 

写真販売のサイトのほとんどが商業利用を目的とした購入者ですが、スナップマートも商業利用目的の購入者が多いようです。
なので、スナップマートで良く売れる写真は、

  • ブログで利用されそうな写真
  • パンフレットやポスターで利用しそうな写真
  • 資料作成の際のイメージ写真として利用しそうな写真

このような写真が良く購入されますので、季節ものの物撮りや時事ワードに関連した写真などが注目されそうです。
実際に、私も時事ワードに関連した写真が良く購入されます。

ランサーズ

このサイトは、クラウド上のアウトソーシングの仲介サイトです。
なので、このサイトでは掲示板に「〇〇の写真を撮ってください」といったお仕事の依頼をみつけて、そのお仕事の依頼に応えて報酬を受けると言った流れが1つになります。

 

もう1つは、自分が「写真撮影のお仕事ができます」とアピールして、お仕事を頂くといった流れです。

はじめのうちは前者の流れがほとんどですが、実績がついてくると直接依頼が入ってきます。
依頼が入った場合には、報酬はこちらから提案することができますので、ある程度の単価を期待できます。

 

私の場合ですと、チラシ用に商品の物撮りの依頼であったり、旅行雑誌の挿入写真の撮影代行などが定期依頼としてあります。
チラシ用の物撮りの場合は1商品10~20カットで1,000円程度、旅行雑誌の挿入写真の場合は1か所20~50カットで15,000円で請け負っています。

 

ランサーズでのお仕事の場合は、クライアントの依頼にあった写真を撮れることが前提となりますでの、ある程度の写真経験が必要かもしれません。
ちなにみ、私のカメラ歴は一眼レフカメラが7年です。

BASE

このサイトは、Eコマースプラットフォームで、無料で自分のオリジナル販売サイトを作ることができるサイトです。
現在BASEが提供するサービスにデジタルコンテンツを販売できる機能が加わったので、その機能を活用して写真販売を始めました。

 

しかしながら、BASEは自分オリジナルの販売サイトを持てるものの、その自社サイトを広めるのに苦労すると思います。
地道に自社サイトを広げていければ、BASEからの購入も十分にあります。

 

逆に、BASEからの購入者は自分だけのお客様といっても過言ではありません。
わざわざ自社サイトにアクセスしてくれるお客様なのですから。

 

ということで、私はBASEをお得意様用の購入サイトとして利用しています。

BASEでのお客様を自分のファンとして捉えて、如何に自分のファンを増やすかというところに売上増加のカギがあると考えています。

 

今現在は、平均して月に15,000円程度の売上があります。

ここでの販売価格は1枚500円~3,000円に設定しており、月に20~30枚位の販売です。

 

今話した通り、私は3つのサイトで写真販売を行っていますが、3つのサイトそれぞれに特徴が違うので、それを使い分けていくことがトータルの収入増につながるコツだと思います。

 

写真販売をしていて思うこと

最後に、私が写真販売をしていて感じることをお話しましょう。
「写真を撮ること」と「写真を販売すること」は全くの別物だと私は思います。

自分が撮りたいと思った趣味の写真は、誰かに称賛して貰えることがあっても購入して貰えることはほとんどありません。
その証拠に、私が一番撮るのが好きな風景写真は本当に極たまにしか購入されません。

 

では、購入して貰える写真はどんな写真なのか!?

『クライアントの意向を汲み取った写真』

これに尽きます。

私の撮った素敵な青空の写真をリビングに飾りたい!なんていうお客様は夢の夢なのです。
だから、副業として写真を確実に販売していきたいのであれば、どんな写真を求められているのかを徹底的に研究してみてください。

 

きっとそれが、写真販売の収入増の近道だと私は思います。

あ、だからといって、私は私の撮った青空の写真をリビングに飾ってもらうことを諦めたりはしません。
皆さんも、写真に夢をのせて頑張っていきましょう!!