【副業翻訳】在宅でスキルアップをしながらお金を稼ぐ|仕事内容・収入を紹介

外国語の読み書きできる、英語が得意、翻訳家を目指している、外国語に関する仕事をしていみたい方におすすめなのが、副業でできる翻訳の仕事です。

在宅なので、自宅で気軽に行えます。

翻訳の仕事内容

翻訳といってもいくつか種類があります。

自分がしてみたい翻訳がどの種類に入るのかも知っておきましょう。

実務翻訳

実務翻訳は、「産業翻訳」とも言われますが、契約書・マニュアル・ウェブサイト・ビジネス文書などの翻訳を行います。

出版翻訳

出版翻訳は、海外で出版された書籍・雑誌の翻訳を行います。

映像翻訳

映像翻訳は、海外映画や海外のニュースなどの外国語音声を日本向けの吹き替えにセリフや字幕を作成します。

主な翻訳の仕事として、企業HP・海外ブログ・商品詳細の翻訳などがあります。

日本語から外国語、外国語から日本語、のように翻訳をしますが、英語だけでなく各国の翻訳ができると仕事の幅も広がります。

 

最近では、YouTubeの翻訳なども需要が高いです。

また、全国に公開されているSNS関連の翻訳も普及しています。

翻訳に必要なスキルは?

翻訳の仕事をする上で必要なスキルはあるのか?

翻訳は今までに経験がなくてもできないことはないですが、やはり資格を持っていた方が有利です。

現に求人内容にも必要なスキルなどが記載されているものが多いです。

逆に「自分はこの資格を持っています」とアピールできるものがある方が依頼もきやすいです。

 

TOEICに関して言うなら、最低でも800点以上あるといいでしょう。

翻訳は誰にでもできる仕事ではないので、点が高ければ高いほど高評価をもらえます。

案件によって求められるスキルは様々なので、自分のレベルにあった仕事を見つけましょう。

英語に自信がある方は高度な仕事にチャレンジしてみてもいいですし、未経験で始める場合は簡単なものから始めてください。

翻訳の仕事の見つけ方

翻訳の仕事は、副業でするならクラウドソーシングで見つけるのが一番ベストです。

相手と顔を合わさずにサイト内のメッセージでのやりとりのみなので、わずらわしい手続きなどもありません。

クラウドワークスやランサーズなどから探しましょう。

 

▼主婦必見!クラウドソーシング初心者の方におすすめの仕事

【クラウドソーシング初心者向け】副業にぴったりの在宅作業は主婦にもおすすめ

おすすめクラウドソーシング

クラウドソーシングは、翻訳だけでなく様々な仕事を受注できるので、副業・在宅ワークをするならいくつかのサイトに登録しておくと便利です。

時間があるときに簡単な仕事でお小遣い稼ぎができます。

ココナラでは、自分のスキルを得ることができるので、得意分野を売ってお金を稼げます。

自分に合ったお金の稼ぎ方を見つけましょう。

 

副業で在宅翻訳をするメリット・デメリット

副業で在宅翻訳をすることのメリット・デメリットとして、以下が挙げられます。

メリット

  1. パソコンがあればいつでもどこでもできる
  2. 資格や免許がなくても始められる
  3. スキルアップができる
  4. 案件が多言語・多分野

デメリット

  1. 単価の高いものは実績が必要
  2. 収入が安定しにくい
  3. 納期までのスケジュールの管理が必要
  4. 初心者は時間がかかる

翻訳業の収入

気になる収入面ですが、仕事のレベルによっても違いますが、翻訳はスキルを磨けるので徐々に仕事の幅も広げていけ、収入も少しずつでも上げていくことは可能です。

しかし、初心者クラスはクラウドワークスで掲載されている仕事だと、1文字0.3円など、かなり単価は低いものが多いです。

1件単位の仕事もあったりすると、1件500円〜1000円などです。

数をこなせば1ヶ月1万円以上稼げるかもしれません。

 

ただし、上級者ともなれば単価も上がってくるので、1文字1円〜2円と上がってきます。

翻訳をする時間を確保でき、翻訳スピードが早ければ月に3万円は稼ぐことができるでしょう。

まとめ

副業で翻訳をしようと考えている方、翻訳の仕事は経験なしでも始められますが、ある程度の能力がなければ稼げません。

スキルがあればあるほど高単価の仕事もできますし、相手から依頼を受けることもあります。

スキルが低くても、数をこなせばスキルが少しずつ身についてきますので、翻訳の仕事を続けていきたい方は長い目で頑張りましょう。