家庭教師の副業|必要な能力は?社会人にも人気な頭脳系副業

家庭教師と聞くと大学生がバイトで行うイメージが大きいですが、社会人にも人気な仕事です。

副業として利用している人も多く、家庭教師ということもあり時給も高いところが人気の理由です。

家庭教師に興味がある方、ぜひご覧ください。

家庭教師に必要な能力は?

勉強を教えることが仕事なので、もちろんそれだけの能力は必要です。

教える生徒の学年にもよりますが、小学生・中学生・高校生それぞれに合わせて勉強を教えます。

理解してもらわないと意味がないので、誰にでも分かりやすい説明をすることが重要です。

家庭教師に向いている人材

  • 勉強に自信がある
  • 高学歴である
  • 勉強を教えることが好き
  • 有名大学の受験に成功した

勉強を教える際に、最も大切なことは、生徒に勉強が楽しいと思ってもらうことです。

本人が勉強する気がないと、何時間続けていても何も変わりません。

どれだけ勉強に興味を持ってもらえるかがあなたの手に掛かっています!

少しオーバーですが、それだけ重要な仕事です。

 

勉強を教えるだけでなく、生徒の悩み事や話を聞いてあげることも仕事の一つです。

生徒の気持ちを落ち着かせてあげることでストレスにならず勉強に集中できます。

 

家庭教師の仕事はどうやったらできる?

さて、家庭教師として働くにはどうしたらいいのか?

家庭教師の仕事をするにはいくつか方法があります。

  • 家庭教師の派遣会社に登録する
  • 求人サイトで探す

派遣会社に登録の場合も求人サイトで応募する場合も面接は行われます。

履歴書を準備し面接に臨みましょう。

面接の際は、自分がどの程度のレベルであるか、これまでに家庭教師の経験があるか、小学生・中学生・高校生のどの学年を希望かなどが聞かれる内容だと思います。

経験がなくても指導ができる勉強能力があれば問題ないです。

家庭教師の時間帯

実際に教える時間としては、学校が終わってからの夕方以降や土日などの休みの日になります。

あまり遅い時間になることはないと思うので、遅くても21時頃までが一般的ではないでしょうか。

1回の時間は大抵の場合、1コマ2時間になります。

なので、夕方〜夜、土日の昼間の時間帯に働けることも条件になります。

月〜金勤務で定時上がりの仕事をしている方には副業として十分実践できます。

逆に主婦の方は一番忙しい時間帯になるので、難しいかもしれませんね。

家庭教師の収入

家庭教師として副業をすると一体どれぐらい稼げるのか?

契約内容によっても違いますが、全国の平均金額をまとめてみました。

アルバイト・パート派遣社員正社員
平均時給1,200円平均時給1,350円平均年収350万円

また、地域によっても水準は違い、高額なところだと時給1,800円〜2,000の地域もあるので、求人をチェックしてみてください。

ただし、時給が高いところはそれなりにスキルも必要になり、求められる能力も高めになりますのでご注意を。

家庭教師のメリット

副業で家庭教師をすることのメリットとして、本業の仕事が終わったあとに勉強を教えるのは大変と思うかもしれませんが、勉強をすることが好きな人にとっては、良い気分転換になるかもしれません。

昔勉強したことを思い出しながら、自分も頭を使い脳を若返らせる機会にもなりますし、若い子と話をすることで、最近の子がどういったことに興味を持っているのか、どういった遊びをしているのか、学校でどういったことを学んでいるのかなどを知れて新しい発見にもなります。

勉強を教えながら話もしていると時間もあっという間に過ぎていくので、割と楽しい副業かもしれませんね。

何より、自分が教えることで生徒が勉強を理解してくれ、「分かった!」「できた!」と喜んでくれるととても嬉しいです。

 

時間を割いて副業するなら苦しんでするより楽しんでする方がいいですよね。

副業するなら自分が好きなこと・得意なことで挑戦しましょう。

 

▼ベビーシッターの仕事はどんなもの?子供好きな方におすすめ副業

ベビーシッターの副業|スキルは必要?気になる収入面も紹介