アプリ開発は稼げない?初心者が始めるために必要なこと|体験談も紹介

スマホ需要が高くなっている現代、アプリも必須なものとなっています。

そんなアプリも誰でも開発できる世の中。

ここではスマホアプリを開発するために必要なことを解説していきます。

初心者でアプリ開発

アプリ開発と聞くと、「専門知識がないとできない」「難しいコード入力が多い」など、簡単に手が出せるものではないと思っている方も多いでしょう。

しかし最近では簡単なアプリなら初心者でも開発することは可能です。

基本的なコードや多少の知識は、最初にある程度勉強が必要になりますが、そういった分野が得意な方や好きな方なら勉強することは苦にならないと思います。

本屋さんに行けばアプリ開発についての本は数多く出ていますし、シミュレーションができるソフトが付いたものも販売されています。

本格的に始めたい方は、テキストをしっかり揃えて勉強をしながら開発を進めていくことをおすすめします。

アプリ開発をするメリット

アプリ開発をする上でのメリットはなんなのか?

初心者で始めるには少しハードルも高いかもしれませんが、挑戦することはとても大事です。

まずはメリットを知っておきましょう。

副業としての収入を確立できる

初心者でアプリ開発を始めて、いきなり爆売れということはなかなか難しいです。

ですが、経験を重ねることで一つのアプリを作る期間も早くなったりどんなアプリが人気かなど、少しずつ流れも掴めてくるはずです。

そうすればちょっとずつでも収入への影響も出てきます。

本業としてやっていくには時間がかかるかもしれませんが、副業でなら趣味の範囲で出来ますし、空いた時間に作業を進めていくことも可能なので、お小遣い稼ぎにはなります。

スキルが身につく

これは自分にとってとても大きなことです。

自分のスキルが上がるということは、就職・転職や資格取得にも役立ちますし、一生の武器になります。

ゲーム業界などへ就職を考えている方には非常に有利なスキルです。

 

アプリ開発に必要なもの

さて、アプリ開発に必要不可欠なもの、それはパソコンです。

デバイスによって必要なパソコンも違ってくるので、それだけ覚えておきましょう。

  • Androidアプリ・・Mac/Windowsどちらでも対応可能
  • iPhoneアプリ・・Mac必須

このように、iPhoneアプリの場合はMacのみの対応なので、Windowsしか持っていない方でiPhoneアプリを開発したい場合は、Macを準備する必要があります。

iPhoneアプリ開発に必要なもの

Xcode

iPhoneアプリ開発をするために必要なXcodeというソフトをAppleStoreでダウンロードします。(無料)

Xcodeでは、アプリの構築、実機検証、デバッグまでを行うことができます。

参考 Xcode13の概要AppleDeveloper

Apple Developer Program

iPhoneアプリをリリースするために、Apple Developer Programに登録します。

年間メンバーシップ料金として、11,800円(税込12,980円)を支払わなければなりません。

1年更新なのでアプリを公開し続ける場合は毎年の更新を忘れずに行いましょう。

参考 Apple Developer ProgramAppleDeveloper

Androidアプリ開発に必要なもの

Android Studio

Androidアプリを開発するには、Android Studioが必要です。

Android Studioは、WindowsでもMacでも対応しています。

参考 Android StudioAndroidデベロッパー

Java Development Kit (JDK)

AndroidアプリはJavaで作られており、Java Development Kit (JDK)はそのJavaを作るのに必要になります。

Google Pay ディベロッパーアカウント

AndroidアプリをリリースするためにはGoogle Payディベロッパーアカウントに登録します。

登録料は$25。日本円にして約2,800円ぐらいです。

1回限りの支払いなので、iPhoneアプリの販売よりも料金はかかりませんね。

アプリ開発で売れるために

アプリが売れることを誰もが願うと思いますが、初心者で最初に販売するものはなかなか難しいです。

売れるアプリを作るには、どういったアプリを作るか、デザイン、配色など、しっかり考えておくことが大事です。

実機テストの時点で自分だけでなく他の人にもやってもらい、客観的な感想をもらいましょう。

思いつきで制作に取り掛かると挫折したりうまくいかなくなることがほとんどです。

その人のやり方にもよりますが、自分が計画的にスムーズに進められるように取り掛かりましょう。

まずはいいものを作ることが第一です。

アプリ開発体験談

ここで、実際にアプリ開発を経験した方の体験談を紹介します。

高校生の3年生の時に、Android向けのアプリを制作しました。
制作に使用したのは、AdobeのFlash(今現在はありません)についていたアクションスクリプトです。

対処年齢は全年齢。

観光客向けに向けたアプリで、サイコロをランダムの数字で出し、駒(バス停)に止まった場所で降りて遊ぶというもので、止まったバス停のブログ(写真、記事)などがみえるようにしていました。

 

マイクロソフトVBスクリプトでプログラミングをしたことしかなかったし、フラッシュで動画制作はしていましたが、本格的なプログラミングは初めてで、いろいろな書籍を学校側で購入してもらい先生たちも一緒に勉強しながら制作しました。

ほぼ独学でいろいろなサイトを見たり、購入した書籍をみたりして勉強しながらの制作です。

学校が21時に閉まるため、時間も足りないなか、家で勉強しながら作成しました。

完成は制作から3~4か月ほど。
実際に販売した金額は覚えていなく、高校生の時だったので安い金額で出しましたが、そこまで反響はありませんでした。

 

また、Adobeのillustratorでイラストを描きプログラミングを行なっていたのですが、プログラミングの考え方の基礎がまだ自分では未熟なんだと感じ、一睡もせずに勉強したことも。
私は体格は良い方でしたが、勉強のし過ぎ&一睡もしなかったことで、少し体重が落ちました。

 

配列の考え方や、ランダムでどうやって数字を出すかとか、アクションスクリプトで作成したものをAndroidのスマートフォンでの動作確認のやり方など、いろいろ勉強しました。

また、ブログを出すときに、サーバーとの契約もして、Linuxでコマンドを打ちながら、サーバーにアップロードなどしていて、Windowsしか使用したことがなくLinuxは初めてだったので、とても勉強になりました。

 

ブログを書くときに使用したのがWordpressで、これも初めてでしたが自分であまりコードを書かずにブログが作成でき助かりました。
アプリを作成するためのアクションスクリプト、ブログをアップするためにサーバーがLinux、ブログを作成するために使用したのがワードプレス。

どれも初めてのことでしたが、独学や、先生と一緒にサイト見たり、書籍を見たりして、解決できてアプリはなんとか制作できました。

アクションスクリプトでアプリを制作するときは、いろいろなエラーが表示されて、ネットで検索したり、エラーを解決するための書籍を購入したりして、それを読みながら自力で解決することを学びました。

 

パソコンは小さいころから触れていましたが、アクションスクリプトでアプリを制作してさらに好きになり、IT関係の専門学校に入学して、しっかりとIT関係のことを学んで、いろいろな人の役に立つことがしたいと思いました。

 

今現在はこちらのアプリは出品していませんが、高校生にとっての私にはITのことを多く学ぶことができ、売上、反響とか関係なく、努力して勉強してよかったと思っています。
それがなかったら、IT関係の専門学校に行くこともなかったし、プログラマー・SEとして就職することもなかったと思います。

 

5年間ほどプログラマーをしていましたが、今現在ではうつ病になり、就職しておらず、人にパソコンなどを教えることをしています。

パソコンや、プログラミングなどは好きなので、退職後も人によくIT関係のことを教えていました。

 

また、自分でYoutubeをはじめて、IT関係のことを教えることもしていましたが、それらのことを通して、また自分でアプリを制作してお金を稼ぎたいと思うようになりました。

今現在ではアクションスクリプトはないですが、専門学校の授業で習ったJavaなどを使って、アプリの開発を自分でしたいなと思っています。

 

私自身がうつ病だったので、心理学などの動画配信や、IT関係のことを学べるアプリを制作したいと思っているところです。

私は今現在就職しておらず、就労支援を生かして働こうとしていますが、ITのことに興味があってもできない人もいるので、教えてくれるアプリなどがあればいいのではないかと思います。
まだ設計途中なのでなんとも言えませんが、私がいろいろ学んだことを通して、アプリを通して人のためになることができたらいいなと思っています。

 

2年間は専門学校でプログラミングや、ITの基礎を学びましたし、5年ほどはWebアプリケーションの開発・保守・サーバー関係のこともしたので、あらためて別のアプリ開発ができないことはないと思っています。

 

一人でしようとしているので大変だとは思いますが、アプリ開発を高校生のときに独学でしたことはよかったことだと思っています。
IT関係は学ぶことは多いですが、これからも頑張って、学んでいきたいと思います。

まとめ

アプリ開発は根気のいる作業だと思いますが、完成した時の達成感と嬉しさと自己満足、それだけでどっと疲れがでるかもしれません。

もちろんそれで終わりではなく、それをリリースして人の目に止まり売れるところまでが大事な流れです。

なかなか売れず落ち込んでしまうかもしれませんが、諦めずに売れるまでリリースし続けることで自分の力にもなります。

 

アプリ開発が稼げるか稼げないかでいうと難しい答えですが、「稼げる」ことに期待はしない方がいいということです。

「稼げるかもしれない」という淡い期待を持って作業を楽しみましょう。

アプリ開発に挑戦してみたい方、この記事が後押しになってくれたらありがたいです。