LINEスタンプで副業を始める|スタンプ作成手順・実際に販売して売れた金額を紹介

連絡手段の一つとしてLINEが主流になっていますが、その中でかかせないアイテムとなっているが、『LINEスタンプ』です。

スタンプ一つで意思表示ができ、様々なシュチュエーションにぴったりのスタンプがたくさんあります。

ここでは、LINEスタンプの販売方法や実際に販売した売上などを紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

LINEスタンプ作成を始めよう

LINEスタンプ販売は、経験不要・必要資格もないので、誰でも簡単に販売することができます。

絵が上手なものが売れるというわけでもないので、インパクト・デザインセンスが問われる作業かもしれません。

誰でも描けるようなデザインのものがよく売れていたりするので、絵と文字の印象やその人の好きなジャンルで買う買わないは決まります。

いかに人の目を引くスタンプを作ることが重要ですね。


デザインをまずは決めていく

最初にすることは、「どんなデザインで作成していくか」です。

まずはノートに下書きをし、どういった絵でどういった文字を入れるかを書いていきましょう。

LINEスタンプは、1つだけの販売ではなく、

  • 8個
  • 16個
  • 24個
  • 32個
  • 40個

この中から選択をし、必ずその数を作らないといけません。

なので、必然的にデザイン数もそれだけ必要です。

ペイントソフトの利用

画像を作成するにあたって、ペイントツールを使用して作成していきます。

自分が使いやすいもので構いません。

どれを使ったらいいのか分からない方にいくつかご紹介します。

以上の他にも、ペイントソフトは色々ありますので、自分が使いやすいソフトで始めてみましょう。

画像作成時の注意点

画像作成にはいくつか指定があります。

  • 大きさ=W 370 × H 320  px(最大)
  • 72dpi以上
  • 上下左右に10pxの余白が必要

この項目ができていないと、審査に通らないので注意しましょう。

 

また、LINE公式の『LINEスタンプメーカー』を使えば、スマホで簡単にラインスタンプを作ることができます。

撮影した人や動物の顔を切り取ってそのままスタンプにできるというものです。

自分で絵を描いて作るのはちょっとハードルが高い…という方にはおすすめのツールです。

参考 LINEスタンプメーカースマホで簡単!LINEスタンプができる

 

アニメーションスタンプ

慣れてきたら少し難易度を上げてアニメーションスタンプにも挑戦してみましょう。

作成する画像の数が多くなりますが、簡単な動きだと無理なくできます。

 

スタンプ以外に必要な画像も準備

販売するスタンプ以外にも作らないといけない画像があります。

■メイン画像
メイン画像は、スタンプが販売されストアに並んだ時の画面に表示される画像です。
サイズ:幅(W)240 × 高さ(H)240px

■トークルームタブ画像
トークルームタブ画像とは、トークルームでスタンプを選ぶ時にアイコンとして表示される画像のことです。
サイズ:幅(W)96 × 高さ(H)74px



スタンプ作成が終わったら

スタンプの作成が終わったら、申請前にシュミレータで確認をしてみましょう。

トークルームでどのように表示されるかを見ることができます。

参考 スタンプシュミレータスタンプシュミレータを利用して作成したスタンプがLINEのトークルームでどのように見えるかチェックできます。


スタンプの登録

必要な画像が揃ったらスタンプを登録していきます。

LINEスタンプの登録はLINE Creators Marketで行います。

自分のLINEアカウントでログインできます。

 

値段設定は、あまり高望みせず最初は安く設定することをおすすめします。

登録完了後、審査がありますが、人によって審査期間もバラバラです。

1〜2日で終わる人もいれば1ヶ月かかる人もいます。

気長に待ちましょう。

 

LINEスタンプ作成体験談

さて、実際にLINEスタンプを作成し販売した方の体験談をご紹介します。

どれだけ売れたのかも掲載していますので、これからLINEスタンプを販売してみたいと考えている方はぜひ参考にしてみて下さい。

私がLINEスタンプを販売したのは、「自分で作ったスタンプを使ってみたい!」がきっかけでした。
LINE初心者で、使ったことがあるのは無料スタンプのみという作るどころか使うほうも初心者のスタートでした。

 

まずはスタンプの仕様からのお勉強。
必要な数、解像度、画像の形式 etc・・・
LINE Creators Market 公式のガイドラインを何度も読み返してなんとか概要を掴みました。

 

いざ作成。の前に。
パソコンで制作を行う予定だったのでまずはどのツールを使うか?からでした。

以前は買い切りの「photo shop」を使用してお絵描きしたのですが、はるか昔のソフトだったためWindows10時代到来でいつからか起動しなくなり、使えなくなりました。
月額制を導入するほどコストもかけられないし・・・

 

とりあえず無料のソフトで検索してみました。

おすすめソフトの記事を読み漁って、以下のツールに絞りました。

 

「GIMP」
「Inkscape」

 

前者「GIMP」はいわゆるラスター画用として。
「photo shop」が使用できなくなったときに、代用として以前から使ったことはあったのですが、どうも使い勝手がわからず放置していたソフトです。
が、やはりこれが多機能で使えそうでした。
しかしマニュアルなしでは使いこなせそうになかったので書籍を購入しました。

 

書籍「できるクリエイター GIMP 2.8 独習ナビ」 株式会社インプレス
(2017年4月11日発行)

 

この本は当たりでした。
HELPとネット上のノウハウを検索しながら四苦八苦していた部分をとてもわかりやすく解説してくれていて、やりたいことを逆引きで探せるのも便利でした。

 

そして後者、「Inkscape」。
こちらはベクター画用として導入しました。
「photo shop」と対となる扱いの「illustrator」、これにあたるようなソフトです。

 

ベクターの絵についてはまったくの初心者で、描いたことはおろか「ベクターってラスターとどうちがうの?」からのスタートでしたので、どのソフトが使いやすいか、といった吟味はできません。
なので、「GIMP」のマニュアル本と一緒においてあった「Inkscape」にしました。
こちらの書籍も購入。

 

書籍「できるクリエイター Inkscape 独習ナビ」 株式会社インプレス
(2018年6月1日発行)

道具はそろったのでさっそくスタンプ作成。

LINEのスタンプには画像の書式や透過などの処理以外にもNGとなるガイドラインがあり、そちらも熟読する必要があるのですが、個人的にはごく常識的な内容だと感じたので、特に意識するほどではなかったです。
SHOPに並んでいるスタンプをよく検索していて馴染みのある人であればさほど苦労はしないかなと思います。

 

まずは指定サイズの画像を「GIMP」で制作。
それを「Inkscape」に読み込んで、文字や背景部分のイラストを追加する方法で完成させました。
使いこなせないツールとの格闘連続で1種類のスタンプを完成させるまで半月ほどかかりました。

 

そんな苦労の甲斐あってようやく完成したスタンプをいざリリース。

ビギナーズラックで1発承認でめでたく販売まで漕ぎつけました。

 

成果はどうかというと・・・
自分と周りの家族以外には売上無しでした。
星の数ほどスタンプが販売されていて、新着コーナーでも5分と表示されない現実。
誰かの目に止まるようになるためには宣伝活動などを行わないと厳しいようです。

 

その後も3つほどスタンプ制作するも、売り上げはゼロ。
このあたりで画像作成には慣れてきてスピードも上がってきたので、絵文字の作成にもチャレンジしてみました。
こちらは新着にとどまる時間が少し長めになるおかげか、1つ2つとぼちぼちながら売れるようになりました。

 

誰かが手に取ってくれたんだ!という喜びは大きくモチベーションもUPしました。

そして、これはスタンプのほうが効果が大きいとは思うのですが、新作が売れるとほんの少しずつですが旧作も売れるという現象が起こってきました。

絵文字には個別の利用状況などの細かいデータリサーチ機能がないので、新作を買ってくれたひとが他の絵文字も気に入って買ってくれたのか、受け取ったひとの目にたまたま留まったのか、はたまたLINEのおすすめ機能のおかげで売れたのかはわかりませんが、新作を投入したときのほうが売れている気がするので1作2作目で売り上げがなくても、数を作っていると売れる可能性はあると思います。

 

LINE側の集計が済むと前月の情報をCSV形式で入手できるので確認してみたら海外でもそれなりに売れていました。
LINEが主に使われているといわれているアジア圏以外の、アメリカ、ヨーロッパなどでも売れていたのは意外でした。

 

手探りでスタートしたLINEのスタンプ、絵文字制作。
現在1年ほど経過し、スタンプ10個、絵文字50個ほどリリースしました。

 

売り上げは労力を考えると決して高くなく、月額3,000円~5,000円ほどです。
手にした額は大きくないですが、技術は身についてきたようで、1つ制作するのにかかる時間は半月から1~3日と大幅に短くなり、売れたものはシリーズ化するなど制作者としての楽しみも増えてきました。

 

今後は着せかえにもチャレンジしていきたいです。

しかし、ただ制作してリリースを繰り返しているだけでは大幅な売上増は見込めないなというのが正直な感想です。

 

目標としては月額売上1万円!なので、今後は宣伝活動の勉強をしていかねばと計画しています。

経験者さんからも言えるように、初心者でもできるLINEスタンプ作成&販売。

必要なスキルもなく、自分で好きな絵を書くか写真を使用して簡単にスタンプが出来上がります。

いくつか作ることで売り上げにも繋がりやすくなるので、空いた時間にどんどん作っていきましょう。

▼せどりを始めたい方Check!仕入れから販売まで〜せどり体験談も紹介〜

【せどりの始め方】初心者にもおすすめの副業|仕入れから販売までの流れを解説