フリーランスで在宅ワークを始めたい|注意点や収入面を解説

働き方も変化が訪れている流れに、在宅ワークやフリーランスが注目されています。

在宅フリーランスの良いところは自分の好きな時間に働けることです。

なんらかの理由で外では働けない方や、副業から本業まで、未経験からプロまでスキルアップできる在宅ワークやフリーランスが最適な働き方になってきています。

働き方の多様化により、正社員でも在宅ワークを行う事例が増えていて、社員の場合だと業務を自宅で行っていたとしても、企業に雇用された労働者として認識されています。

フリーランスは企業と雇用関係を結ばず、受注する案件は自分で決められるので、自宅でできる案件を選ぶことも可能です。

作業時間を自分で調整できるので、正社員の在宅ワークより自由度が高いといえます。

【在宅ワーク】主婦に人気!初心者におすすめのデータ入力の仕事

フリーランス向けの在宅ワークは何がある?

フリーランスをスタートしていくため、在宅ワークを見つける方法はインターネット上で、仕事を発注したり受注したりするサービスサイトで利用することで、仕事の発注や受注をしたりすることができます。

はじめは単価の安い案件ばかりトライしてみて、少しずつスキルアップにもつながるように、仕事をこなしていくうち、また高単価の案件を受注できるようにしていきましょう。

 

会社員で在宅フリーランスになることを目標にしている人は、クラウドソーシングなどから手をつけてみるといいかもしれません。

在宅ワークの募集が多くされている職種や業種は、Webメディアなど執筆できる場所が増えたことから「ライター」の需要も高まっていて、パソコンがあれば仕事ができるので在宅ワークの仕事が多く、初心者から主婦や会社員まで空き時間に取り組んでいけます

プログラマーやエンジニアはとても需要の高い職種のため、在宅案件も非常に多く今はIT人材が不足しているため、今は他の分野にもプログラマー、エンジニアも求められています。

 

プログラマーはデジタル時代に案件も最適で、人によっては報酬アップも目指せるでしょう。

プログラマーの案件は保有スキルによって報酬額に差が広いです。

本気で稼ぎたい人は、常に技術トレンドや開発手法について勉強が必要になります。

 

またインターネットによってデザイナーの活躍する場はWebサイト、ゲームデザインなど在宅ワークの案件も増えています。

Webデザイナーの業務は、サイトやバナーのデザイン、コーディングがメインです。

業務の切り分けが容易なので取り組みが充実しています。参画条件としては、「Photoshop」「Illustrator」のスキルが求められてきます。

そしてフリーランスSEの場合は、オンライン会議を活用することで、フリーランスSEの在宅で案件を受託することも可能で、在宅SEになりたい人は、企業のプログラマーとして学びながら経験を積み業務の範囲を広げていきましょう。

【副業初心者・在宅ワーカー必見!】2022年おすすめ副業ランキング10選

フリーランスの在宅ワークをする場合の注意点

フリーランスで仕事をする場合、年末調整は受けられないため確定申告をする必要があります。

報酬明細の各報酬から「源泉徴収税 10.21%」が差し引かれます。

10%は少し厳しいと感じることもあります。また確定申告をすることで、還付金が発生する可能性もあります。

ただし、年間所得が38万円以下の場合、基礎控除内なので税金は発生しないので確定申告をする必要はありません

 

会社員の場合の副業は、所得税法上雑所得となります。

雑所得の場合でも年間収入から必要経費を除いた年間所得が20万円を超える場合、確定申告が必要になってしまうことがあるのでチェックが必要です。

確定申告情報
  • フリーランス場合は、年間所得が38万円以下の場合は申告に必要なし
  • 会社員の場合は、年間所得が20万円を超える場合に申告が必要
  • 源泉徴収税 10.21%が各報酬から差し引かれる
  • 還付金が発生する場合もある

 

そしてフリーランスでの気をつける点は、税金を払える計算も必要になっています。

住民税などの支払いは前年の給与がベースになっているので、急に収入が減っても税金は変わりません。

例えば、前年まで正社員として働いていたという方は特に注意が必要です。国民健康保険に加入することになります。

 

そしてフリーランスになると全額自己負担になります。

また病気やケガで働けないときは収入がなくなってしまいますし、仕事も案件ごとになるので、安定して多くの収入を稼ぐことは不安定なため信用は低いです。

例えば、家のローン賃貸の審査が通りにくくなるので留意しておく必要もあります。

 

フリーランスは制限もなく、時間の使い方も自由に選ぶことができますが、プライベートの判断が薄れてしまうので、会社員と違って有給休暇もなくメリハリがつかなくなってきてしまうことがあります。

まだ時間はあるし大丈夫だと思っていたら、いつのまにか納期も迫っていて、焦って仕上げということも起こります。

自分で労働時間や勤務日数など自己管理ができるようにしないといけません。




フリーランスの収入面

フリーランスの収入面では全体的に300万未満のうち5割~6割です。

これは手取り年収であるため、所得税や住民税、国民年金や国民健康保険など社会保険料も差し引いた額になります。

会社員の平均給与は約410万で、ここだけを見ると給与所得者の方が収入面がいいのではと思うかもしれませんが、この額から社会保険や厚生年金などが引かれると手取り額は下がっていきます。

フリーランスの「手取り収入」は会社員の給与とあまり変わらないか、あるいは上回っている可能性もあります

個人事業主なら事業で必要となった経費はすべて報酬から差し引けますが、会社から必要なものが支給されている会社員の場合は、「給与所得控除」として年収によって決まった額だけ差し引かれます。

 

フリーランスであれば自分で節税対策に取り組めますが、会社員は自分でコントロールすることはできません。

同じぐらい稼いでいても、結果的にフリーランスのほうが収入面では多い場合があります

またフリーランスの収入については、専用の口座を持っておくと便利で、収入・支出がわかりやすくなります。

 

フリーランスでも人によっては利益を得ていて、今後の見通しも前向きであることが分かります。

年齢に応じて働き方を変えるのも大事なことです。

 

また仕事の案件では安い単価で引き受けていても、いずれ気力も体力的にも限界がくるでしょう。

その場合は見切りをつけて、働き方を見直した方がいいかもしれません。

どうすればより収入面を増やしていくか、システムを整えていく必要があり、常に考えていくことが重要な鍵となります。