【副業でも大丈夫?】オンラインサロンの実態と稼ぐ方法について

SNSを活用した情報発信の文化が根付いている現在、様々な価値観を持つ人と気軽に繋がることができます。

その日にあった出来事についてつぶやいたり、気の合う仲間を見つけたりできるのがSNSの魅力ですが、最近ではSNSを活用した情報発信が、資産を生み出す手段となりつつあります。

今回は、情報発信文化から生まれた「オンラインサロン」と呼ばれるビジネスモデルについてご紹介します。

  • 「よく聞くキーワードだけど、具体的に何をしているのかよく分からない」
  • 「オンラインサロンでどうやって稼ぐの?」
  • 「副業でも稼げる?」

本記事では、このような疑問を持っている方に向けて執筆しています。

この記事を読むことで、情報発信の重要性を学び、オンラインサロンで稼ぐまでの道のりについて理解することができます。

次の章から、順番に解説していきますね!

オンラインサロンとは?

オンラインサロンとは

オンライン上で開催される月額制コミュニティ」のこと

オンラインサロンは、誰もが無料で参加できるものもあれば、月額1000円程度から参加できる有料版のものまであります。

無料であれば気兼ねなく参加できそうですが、有料の場合は、「なぜ、大事なお金を払ってまでコミュニティに入るのか?」という疑問を持つ方もいらっしゃるかと思います。

理由は人それぞれですが、個人的には、以下のような要素がメリットになるのではないかと考えています。

有料コミュニティに入る理由

  • 自分自身の価値観に合う仲間を見つけられる
  • 向上心の高いメンバーがいることで、成長スピードや継続力を高められる
  • コミュニティで開催される講座や参加者との対話(アウトプット)を通じて、スキルアップできる

上記のメリットはSNSを活用するだけでも得られる可能性がありますが、欲しいスキルを効率的に習得したり、継続できる環境を手に入れられるのは、オンラインサロンならではの魅力といえるでしょう。

 

▼ガオさんのオンラインサロン「GBC」について紹介
ガオさんのオンラインサロン「GBC」に入会して稼ぐ力を身につける!ガオさんのオンラインサロン「GBC」に入会して稼ぐ力を身につける!

 オンラインサロンでどうやって稼ぐ?

オンラインサロンの収益モデルは、以下のようなものがあります。

  • コミュニティ会員からの月額会費
  • 自身のSNSへの会員流入による広告収入(ブログ、Youtubeなど)
  • オンラインサロン以外の勉強会、講座などの講演料

オンラインサロン継続でファンが多くなり、自身のSNSに会員が流入することで利益が得られる場合もありますが、基本的には「会員からの月額会費」が主な収益源であることが多いです。

オンラインサロンで稼ぐためには、まずは自分自身のコミュニティをつくる必要があります。

 

具体的には、「DMMオンラインサロン」や「CAMPFIREコミュニティ」などの専用プラットフォームを活用して、オンラインサロンの作成、運営から始めることになります。

運営手数料はかかりますが、信頼できるサービスであることに加えて、自分で最初から準備する労力をかけることなく、手軽に始められるのがメリットです。

また、オンラインサロン作成にあたって、

  • 「なぜオンラインサロンを作りたいのか?」
  • 「オンラインサロンを通じて、参加者にどのような価値を提供したいのか?」

といったことを明確にしておく必要があります。

参加者は具体的な目標や問題意識を持ってコミュニティに参加するため、たとえ有名な主催者であったとしても、事前に軸を持っておかなければファンは離れていくことになります。

これから本格的にオンラインサロンで稼いでいきたいと考えている方は、「どうすればコミュニティに興味を持ってもらえるか?」という視点を常に持っておくようにしましょう。

オンラインサロンは稼げる?副業でも大丈夫?

「本業、副業などの活動形態に関わらず、オンラインサロン主催者自身の発信力(知名度、信頼度)次第で、稼げるかどうかが決まる」というのが、本章の結論です。

こうした結論に至ったのは、オンラインサロンのビジネスモデル上、「会員数(ファンの数)× 月額会費」が最終的な収入金額となるためです。

 

例えば、月額会費500円という低い金額設定の場合でも、会員5万人以上の実績があるキンコン西野さんのオンラインサロンであれば、数千万円を稼ぐことができます。

一方、月額会費を1万円に設定して大きく稼ごうと考えたとしても、オンラインサロン運営者自身の知名度が低ければ、そもそも買ってもらえるかどうか分かりません。

上記の法則を踏まえて、これからオンラインサロンで稼いでいきたいと考えている方は、以下のような戦略をとるのが適切だといえるでしょう。

  • まずは得意な分野の情報発信をして、発信力を上げる
  • 発信している分野のファンを増やす
  • ある程度発信力がついてきたら、オンラインサロンの運営準備を進める

ちなみに、結論のところで、「本業、副業などの活動形態に関わらず」という前提をつけているのは、稼げるか否かに関係なく、情報発信は誰でもできるためです。

もし、「オンラインサロンで月3万稼ぎたい!」という明確なゴールを持っているのであれば、そこから逆算して、「まずは○○人のフォロワーを増やす!」という現実的な行動目標に落とし込んでみるのも良いかもしれません。

 

▼オンラインサロン『GBC』について紹介
ガオさんのオンラインサロン「GBC」に入会して稼ぐ力を身につける!ガオさんのオンラインサロン「GBC」に入会して稼ぐ力を身につける!

まとめ

以上、オンラインサロンの実態と具体的に稼ぐ方法についてご紹介しました。

本記事の要点をまとめますと、以下のようになります。

  • オンラインサロンとは、「オンライン上で開催される月額制コミュニティ」のこと
  • 主な収益源は、「会員からの月額会費」であることが多い
  • 情報発信力次第で、オンラインサロン運営を副業にすることも可能
  • オンラインサロンで稼ぐためには、情報発信の重要性を理解し、コミュニティを作成する目的を明確にしておく必要がある

最後になりますが、オンラインサロンの運営は、有益な情報や成長できる環境を参加者に提供することが目的であり、お金を稼ぐためのツールとして考えるのは望ましくありません。

お金を稼ぐことだけに注力して活動を進めてしまうと、参加者からの信頼を損ねてしまう可能性がありますので、本来の目的を忘れないようにしましょう!

 

▼写真を使ってSNSでお金を稼ぐ方法を紹介
【写真を使って副業】初心者でもできるSNSでお金を稼ぐ方法を解説