【定番の副業】サイト運営で稼ぐための準備と注意点について解説!

インターネットの普及が著しい現代、情報発信を基盤にしたビジネスが多く登場しています。

その中でも、初心者からでも気軽に始められるビジネスの1つとして、「サイト運営」があります。

サイト運営とは

自身のWebサイトやブログなどを通じて、読者の悩みを解決する記事を書くことで、広告収入などの収益を得られる仕事のこと

今回は、そんな「サイト運営」で稼ぐために必要な準備と、運営にあたっての注意点についてご紹介します。

  • 「実際、サイト運営は稼げる?」
  • 「サイト運営はどうやって始めるの?」
  • 「サイト運営を副業にして、収入を増やしたい!」

本記事では、このような考えを持っている方に向けて執筆しています。

この記事を読むことで、サイト運営のビジネスモデルを学び、自身の性格や適性に合った仕事であるかどうか、見極めることができるようになります。

次の章から、順番に解説していきます!

サイト運営は実際稼げる?

サイト運営は、自身のブログやWebサイトから価値のある情報を発信することにより、対価として広告収入やアフィリエイト報酬などを得ることができるビジネスモデルのことです。

本章の結論からお話すると、努力と継続力次第で、サイト運営で稼ぐことが可能です。

ただし、継続的に安定した収益を作り出すためには、以下のような点を意識する必要があります。

  1. サイト(ブログ)を運営する目的を明確にする
  2. 読者の悩みを解決する記事を定期的に投稿する
  3. すぐに収益が得られるビジネスモデルではないことを理解する

1.は、どのようなビジネスでも同じことが言えます。

ですがサイト運営では、サイト自体が収益を生み出すツールになり得るため、他のビジネス以上に運営目的を明確にしておかなければいけません。

運営開始の段階でコンテンツの方向性が定まっていないと、読者が思うように集まらず、成果を上げられない可能性がありますので、サイトの存在意義を事前に考えておくことが大切です。

 

続いて、上記で設定したサイトの方向性をもとに、「読者はどのような悩みを持っているか?」という視点を持ちながら、記事を書いていく作業になります。

記事構成の検討や執筆作業については、地道な継続と努力を積み重ねることで自然と慣れていくため、サイトの方向性さえ定まっていれば、数をどんどんこなしていくことが上達への近道といえるでしょう。

 

また、1.と2.については、サイト運営を行うための具体的なタスクにあたりますが、3.については、途中で挫折しないために必要なマインドセットといえます。

会社で働いていると、どうしても時給思考になってしまいがちですが、サイト運営には、ブログなどを育てていく過程で多くの時間を使うことになります。

最初のうちは、「作業量の割に数百円しか稼げなかった…」なんてこともありますので、会社の社員ではなく、自分が立ち上げたサイトでビジネスをしているという意識を常に持っておくようにしましょう。

サイト運営で稼ぐために必要な準備

ここまで、サイト運営で継続的に稼ぐための考え方について学んできましたが、実際にサイト運営を始めるために、まずは自身のブログを立ち上げる必要があります。

具体的には、以下のステップに沿ってサイト運営を開始していくことが一般的です。

STEP.1

WordPressなどのツールを活用して、ブログを開設する

STEP.2

記事を作成してみる

STEP.3

記事作成に慣れてきたら、収益化を検討する(A8.netやGoogle Adsenseなど)

ブログを運営するためのプラットフォームは、「note」や「はてなブログ」といった無料サービスから、「WordPress」などの有料版のものまであります。

今後、サイト運営で稼いでいきたいと考えている方は、有料サービスを検討することをおすすめします。

 

理由としては、無料サービスの場合、運営会社がすでに確保しているURLやドメインをレンタルすることが多く、外部要因によって突如ブログが閉鎖されてしまうリスクがあるためです。

有料サービスになると、独自ドメインやサーバをレンタルするための費用(年間1万円程度)はかかりますが、自分自身でブログを保有できるため、お金を払っている限り、リンクにアクセスできなくなるなんてことはありません。

ですが、「有料サービスの方が絶対良い!」といった断言はできないため、サイト運営の目的に合わせて検討するようにしましょう。

 

サイトを開設したら、いよいよ記事を作成する作業に移ります。

記事作成にあたっての考え方については前章でもお話しましたが、基本的には、「完璧主義になりすぎず、どんどん数をこなす」という心掛けが、継続のコツです。

ある程度数をこなして、記事の作成にも慣れてきたら、収益化を目指してみましょう。

サイト運営の収益モデルは、「アフィリエイトによる成果報酬」と「Google Adsenseによる広告収入」の2つに分類されますが、難易度の観点から、まずはGoogle Adsense経由で収益を得ることを目指してみるのが良いかもしれません。

サイトを運営するにあたっての注意点

サイト運営は特別なスキルを必要とせず、誰でも簡単に始められるのが魅力ですが、注意点もあります。

それは、以下の2点です。

  • サーバやドメインの更新を忘れないようにする
  • サイトで使用する画像やコンテンツの著作権問題(コピー)に注意する

WordPressなどの有料サービスを利用して自前のブログを運営していく場合、自身でレンタルサーバの特徴や独自ドメインの有効期限について把握しておく必要があります。

上記のような情報は、サービスを提供している企業からのメールや専用マイページから簡単に確認することができますが、確認頻度はそこまで多くないので、意外と忘れがちです。

今後、有料サービスでのサイト運営を検討されている方は、契約のタイミングで有効期限などの情報をメモに残して、目に見える位置に管理しておくなどの工夫をしておくようにしましょう。

 

また、2つ目の著作権問題にも注意が必要です。

特に初心者の方に陥りがちなのが、「文章や画像を完コピすることが良くないのであって、コピーした内容を少し修正して、自分の記事に含めることは問題ない」 と考えてしまうことです。

最近では、すでにGoogle上で掲載されている文章から、コピペしているかどうかがすぐに判断できるようなツールも存在しています。

画像の場合はフリー素材であるかどうかを調査を行い、文章の場合は参考になる記事から自分なりの解釈をして、オリジナルの文章を執筆する習慣を心掛けましょう。

サイト運営に関するまとめ

今回、サイト運営で稼ぐために必要な準備と注意点についてご紹介しました。

本記事の要点をまとめますと、以下のようになります。

  • サイト運営の目的を設定して、読者の悩みを解決する記事を継続的に書く習慣をつければ、稼ぐことが可能
  • サイト運営で継続的に稼ぐ場合、無料サービスよりも、WordPressのような有料サービスがおすすめ
  • サイト運営にあたって、「サーバやドメインの更新忘れ」と「コンテンツなどの著作権(コピー)問題」に注意する必要がある

サイト運営の実態を学んだことで、「本当に自分でもできるだろうか…」と不安になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、まずはサイトを開設してみて、分からないことを途中で調べながら作業を進めていると、自然と自分なりの型が身に付いていきます。

実際に店舗を持つ飲食業経営などと比較すると、少ない初期投資で気軽に挑戦できるビジネスなので、勇気を持って一歩踏み出してみてください!