【副業でもOK】在宅占い師は稼げる?年収と仕事内容、始め方まとめ

近年、コロナウイルスの影響があったこともあり、在宅ワークが当たり前の時代になりつつあります。

在宅ワークという新しい働き方は、PC1つあれば誰でも始められます。

本業としてガッツリ稼ぐこともできますし、本業以外のスキマ時間を活用して、副業で稼ぐことができるのも魅力です。

在宅でできる職種は多種多様ですが、今回は、「在宅占い師」と呼ばれる職種の概要についてご紹介します。

  1. 「在宅占い師の仕事って稼げるの?」
  2. 「在宅占い師にはどうやってなれるの?」
  3. 「在宅でできる新しい働き方について知りたい!」

本記事では、このような方に向けて執筆しています。

この記事を読むことで、在宅占い師の年収と始め方について広く知り、具体的な仕事内容をイメージすることができるようになります。

次の章から、順番に解説していきますね!

在宅占い師とは?

在宅占い師とは、オンラインのチャットツールや電話などを活用して、悩みや将来の不安を抱えている方に向けて、占い(アドバイス)をする役割を持っている職種のことです。

風水、タロット、手相占いなど、これまで対面で行っていた占いをオンライン上で実施することで、生計を立てていくことになります。

占いは、「心のサポートをするアドバイザー」のような役割を持っているため、オフラインで人と接する機会が減った今、さらに需要が高まりつつある仕事です。

  • 「人の話を聞くことが好き!」
  • 「悩みを抱えている人達の相談に乗ることで、助けになりたい」

在宅ワークでは必須のチャットツールを使いこなす最低限のITスキルに加えて、上記のような資質や考え方を持っている方であれば、在宅占い師の仕事に向いている可能性が高いといえるでしょう。

 

オンライン上だと様々な年代の人に知ってもらいやすいですね。

あわせて読みたい!⇓⇓

在宅占い師の報酬面(年収)は?

占い師の平均年収の相場は、200〜300万円程度です。

2021年現在の日本人の平均年収は400〜450万円程度のため、年収が低めに設定されている職種といえるでしょう。

 

しかし、上記の平均年収はあくまで参考値であり、人気占い師であれば、年収1000万円を超える場合もあります。

最初から在宅占い師1本で生計を立てていく難易度は高めですが、まずは副業から小さく始めたいと考えている方であれば、ココナラやクラウドワークスなどのサービスを活用して、着実に実績を積んでいく方法がおすすめです。

本業として大きく稼いでいくことが難しいと考えているのは、集客スキルを学ぶ必要があるためです。

つまり、個人ブログやYoutubeなどの情報発信ツールを活用して、能動的に集客を行う必要があります。

 

しかし逆に考えれば、大きな収入源を作り出すまでには時間はかかりますが、集客(情報発信)スキルを磨き、信頼を着実に積み重ねていくことで、平均年収以上の収入を稼ぎ出すことも可能といえます。

 

ブロガー兼在宅占い師として知名度を上げていけば確実な利益が生まれてきます。

在宅占い師の始め方と仕事内容

在宅占い師になるためには?

在宅占い師になるために、特別な資格や専門スキルを持つ必要はありません。

そのため、プログラミングや動画編集などの専門職に比べれば、比較的敷居の低い職種といえるでしょう。

ですが、在宅占い師として継続的に収入を得るために、最低限身に付けておくべきスキルがあります。

そのスキルは、大きく分けて以下の3つです。

  • 相手の悩みにしっかりと向き合う傾聴力
  • 悩みに沿って的確に物事を伝えるコミュニケーション力
  • 在宅でコミュニケーションを円滑に行うためのITスキル

上記3つは、ビジネスシーンでいずれも必要になるかと思いますが、占い師として働くためには、より一層意識して磨かなければならないスキルといえるでしょう。

また、「在宅占い師」として収入を得るためには、最低限のITスキルも身に付けておく必要があります。

ITスキルと聞くと難しく感じてしまうかもしれませんが、ここで求められているのは、「チャットツールの使い方を把握したり、タイピングスピードを上げる努力をする」といったことです。

Google検索で調べれば簡単にできることばかりなので、好奇心を持って実践していけば、すぐに慣れます。

 

占い師としての知識だけでなく、Webの知識・様々なツール知識・PCスキルも必要ですね。

 

また、それなりのコストはかかりますが、

  • 実際の占い師に声をかけて弟子入りする
  • 占い専門のセミナーに参加
  • 書籍で独学

などの方法もあります。

最初は小さく始めたい方にとって経済的なリスクはありますが、「在宅占い師の仕事を主な収入源にしたい!」と考えている方にとっては、最速で成長するための手段といえるでしょう。

そのときの興味や熱量に沿って、自分に合ったスキルの磨き方を検討してみてください。

在宅占い師の仕事内容

在宅占い師の仕事内容は、相手の悩みや不安を聞き出して、それに寄り添ったアドバイスをすることです。

その人に合ったアドバイスを提供するためには、相手の特徴や性格をしっかりと聞き出す必要があります。

もちろん、「仕事の悩みを聞いてほしいだけ」と考えているお客さんもいらっしゃるかと思いますが、悩みに寄り添うために、相手を深く理解することは大切な仕事の1つです。

在宅占い師の仕事内容をザックリと分類すると、以下の3ステップです。

  1. まずは相手の悩みや不安を聞き出す
  2. 相手のことを理解する(相手の性格や特徴を知る)
  3. 相手に合わせた悩みの解決方法を提案する(アドバイスを提供、話を聞くことで悩みに寄り添う など)

在宅で占いの仕事をする手段には、メール、チャット、電話などがありますが、いずれにせよ、上記の仕事の進め方は変わりません。

いきなり仕事を受注してみるのも1つの方法ですが、「まずは友人の相談に乗ってみる」といった、小さなところから始めてみるのが良いでしょう。

 

自分の占い師として能力を認めてもらうことがまず必要になるので、身近なところから広告塔になってもらうのも手です。

仕事の受注・発注方法

在宅占い師の仕事を受注・発注する方法は、大きく分けて以下の3つがあります。

  1. ココナラなどのスキルシェアサービスを活用
  2. クラウドワークス、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスを活用
  3. 個人ブログやSNSから販売経路を確保

仕事の受注・発注を行う難易度は、始めやすい順に「1 → 2 → 3」といった順番です。

1.スキルシェアサービス

スキルシェアサービスでは、「仕事の愚痴を聞いてほしい」といった相談系のお仕事から、本格的な占いスキルが求められる案件までが揃っているため、初心者の方でも仕事を受けやすい(仕事をお願いしやすい)特徴があります。

2.クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスについては、占いに関するライティングの仕事や、専門的な知識を要する占いを求める案件が多いため、1に比べて、やや敷居が高いのではないかと考えています。

3.個人ブログやSNSを利用

この方法は、集客スキルの学習から実践までの時間的なコストを考慮して、最も難易度が高い方法としています。

上記3つのいずれにせよ、仕事の受発注を円滑に行うためには、登録しているサービスやブログのプロフィールを充実させることが最優先事項です。

受注者であれば、「自分がどのような人間なのか?発注者のどのような悩みを解決できるのか?」といったことを常に意識して、情報を発信する必要があります。

また、発注者側も、「受注者にどのような悩みを解決してほしいのか?」といったことを事前に伝えておくだけでも、サービスの品質は大きく変わってくるでしょう。

 

あわせて読みたい!⇓⇓

在宅占い師に関するまとめ

今回は、在宅占い師の年収と始め方の概要についてご紹介しました。

本記事の要点をまとめますと、以下のようになります。

  • 在宅占い師の平均年収は200〜300万円と低めだが、スキルシェアサービスを活用したり、集客を学んだりすることで、継続的な収入を得られる機会がある
  • 在宅占い師になるために専門スキルや資格はいらないが、傾聴力・コミュニケーション力、最低限のITスキルが必要
  • 在宅占い師の主な仕事は、相手の悩みや不安を聞き出して、それに寄り添ったアドバイスをすること
  • 占い師のキャリアが浅い方は、「友人の悩み相談に乗る」といった小さなところから始めて、着実に自信をつけていくことが大切

今後、在宅占い師になることを検討されている方は、今回学んだことを意識して、新しいキャリアを築いていきましょう!