動画配信で副業|Youtubeチャンネルで今までに稼いだ金額を紹介

今ではYouTuberが、子供がなりたい職業として上位ランキングに入るぐらい人気な職業です。

誰でも簡単に始められますが、誰でも稼げるわけでもありません。

いかに人を惹きつける動画を配信できるかが重要です。

ここでは、実際にYouTube動画を配信した方の体験を紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

YouTubeでお金を稼ぐ仕組み

YouTubeでお金を稼ぐことは簡単なものではありません。

まず、どういった仕組みで収益が発生するのかをご説明します。

動画を見ている途中に広告が流れると思いますが、その広告が再生されると収益になります。

 

ただし、YouTubeを始めたばかりの人には広告は流れません。

広告が流れる条件として、

  • チャンネル登録者1000人
  • 総再生時間4000時間以上

以上の2つをクリアしないとけないのです。

チャンネル登録数1,000人、再生時間4,000時間以上、一見行けそうな気がしますが、実際はとてつもなく難しいことです。

中にはあまり時間もかからず人気チャンネルとなる人もいますが、それはほんの一握り。

YouTuberとして生計を立てたいと思っている場合は、それなりに苦労が必要です。

スマホで配信も可能

最近のスマホは、カメラ機能・動画機能がとても性能がとても良く、機能を上手に使えば綺麗な映像を撮ることができます。

撮影のために高価な機材を用意しなくてもスマホ1台で動画配信が可能です。

ただ、本格的にやりたいという方は、色々な機材を用意して撮影をしてもいいと思います。

本格的に動画を撮りたいという方は、必要な機材を準備しましょう。

動画配信体験談

ここで、動画配信でお金を稼いだ方の体験談をご紹介します。

これから動画配信を始めようと思う方はぜひご参考にしてみて下さい。

2020年位にYouTubeはかなりアツイと思ったので動画配信を開始。
はじめは仮想通貨とかアニメの編集した動画を配信。
ライブ配信もまれにやっていましたが、あまり人数が集まらなかったので徐々に減っていっていました。
最初よりはちょっと配信するペースが落ちたと思います。

 

一時期、TikTokの動画を編集し直してアップしたのが結構バズったけど、だいたい10個動画を作って2つ当たったら良い方です。
自分で撮影した動画はかなり当たりハズレがあって、パソコン関連やスマホ関連の動画は年に1回のアイフォンの発売の動画がレスポンスが良かったと思います。

動画配信で私が稼いだ金額

自分のチャンネルの登録者は2000人程度
だいたいYouTubeの広告収入で1ヶ月に稼げる金額は3000円から4000円程度だったのが、徐々に増えていって1万円を超えることもありました
今までのトータルの金額でいうと5万円程度

 

動画の編集は慣れてくると簡単なので、そこまで難しくないです。要領やセンスにもよりますが。
動画編集スキルは2週間あれば誰でも習得できるものだと思いますが、一番苦労するのがネタ作り

 

どんな動画を上げるかネタに困ることの多いときは、YouTubeやTikTokのインフルエンサーを参考にしていました。
並行してYouTubeとTikTokもどちらも動画プラットフォームなので、YouTube投稿する動画のショートバージョンをTikTokにも投稿するなどのマーケティングを活用した方がいいです。

 

TikTokからYouTubeへの影響は登録者や再生回数も増えると思います。

正直YouTubeやTikTokでマネタイズするのはそこまで難しくはありません。

 

ですが、ある程度の金額を稼ごうと思ったら難しいと思います。

ペルソナの分析もそうだし、動画の配信頻度、何分ぐらいの動画を撮影するのかにもよってきますけど、考えることは本当に多いです。
サムネイルで目に止まらなければそのままスルーされるし、配信する時間帯も気にすることもあります。

 

情報教材もかなり購入して勉強した経験があります。
高額のYouTubeの情報商材は買う必要はないですが、数千円から3万円程度の情報商材はかなり有益なものも多いので、購入をお勧めします。

例えば有料の情報商材だとYouTube攻略の物も沢山出ていますが、3万円投資して月に1万円ずつ稼げるようになったのであれば3ヶ月で回収できる計算になります。

動画を撮る際に気をつけること

動画を撮る際に気をつけることはたくさんあります。

カメラの質やマイク照明などは最低限のものは必要になるので用意した方がいいですが、少しでも予算に余裕があるのならカメラは高画質で撮れるもの、それからマイクも指向性マイクでいいので2万円以上のもの、照明は家の中で撮るならば普通の照明だけでは心もとないので、Amazonなどで照明を二つほど買ってかなり明るく撮影することをおすすめします。

動画撮影の際の照明の明るさは関係あるのかと思われる人も多いですが、暗いよりは明るい方がいいです。

 

そもそもYouTubeのプラットフォームを勘違いしてる人が多いと思います。
YouTubeのプラットホームは、集客としてのツールとして使った方がいいです。

Twitter、Instagram、YouTube、TikTokなどSNS媒体は数多くありますが、 中でもYouTubeが宣伝広告効果は高いでしょう。

 

商品を持っている人なら、特に例えばLINE登録などにYouTubeから誘導した方がいいです。

YouTubeでの広告収入だけでは限界があるので、自分の商品を売るために利用するのが最も手がたいやり方でマネタイズもしやすいです。

 

動画を配信するならば、YouTubeだけに投稿するのはかなりもったいないので、YouTubeで配信した動画を編集し直してショート動画を作り、TikTokや他の動画配信サービスに流すのもありだと思います。

 

それから意外と気づいていない人も多いと思うが、音声メディアもいいでしょう。
インターネットラジオのボイシーなどがそれにあたります。
YouTubeの動画は映像と音声だから、そこから音声だけを抽出して投稿すれば、そちらでも収益を発生できます。

こまでかなり専門的な事も含めてしゃべってみましたが、YouTubeを続けていける人はかなり少ないと思います。
よくて半年から1年。2年も続けていれば相当すごい。
大体みんな興味本位でYouTubeを始めますが、続けられる人が少ないので、新人のユーチューバーや底辺のユーチューバーは伸びることなくそのまま淘汰されて終わり。

ですが、逆に言えばコツコツでも続けていれば、半年・1年後にはYouTubeのチャンネルとしてのパワーの上がり、固定客もついてることが多いです。

YouTubeだけでなく、ほかの動画配信サービスのTikTokや2チャンネルなども稼ぎやすく集客しやすいのでおすすめ!是非続けて欲しいです。

いかがでしたか?
動画配信は第一に自分が楽しむということが大前提です。

お金儲けのためだけに必死に動画を撮っていても良いものはできません。

動画を撮影すること、編集することに楽しんでできる環境をまず作りましょう。